一般化学実験のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
一般化学実験 科目番号
Course number
16CHEXP202
科目名称(英語)
Course title(English)
Laboratory Course in General Chemistry
授業名称
Class name
一般化学実験
教員名 駒場 慎一,大塚 英典,山口 友一,大澤 重仁,鈴木 弘嗣,貞清 正彰,多々良 涼一
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 水曜3限 水曜4限 水曜5限
Class hours
開講学科
Department
理学部第一部 応用化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
化学の基礎的原理を実験的に理解するとともに、安全に実験を行うための基礎的な操作を身につける。化合物の合成および分離、精製、同定に関する諸実験を通して、各種の試薬や実験器具および測定装置の取扱いに慣れ、化学実験の基本操作を学ぶ。また、測定データの処理や図表のまとめ方など、実験報告書作成の訓練も重視する。
目的
Objectives
専門的な実験の履修に先立ち,化学の一般的・基礎的な知識や実験技術を身につける。実際の実験を通し,(I)実験に挑む態度・心構え,(II)基礎的な実験の流れや安全面への気の配り方,(III)一般的な試薬・実験器具の基本的な取り扱い,(IV)データ処理および図表の作成法を習得する。
到達目標
Outcomes
化学の一般的・基礎的な実験において,実験の流れを理解し,適切な実験器具を自ら選択し,安全に遂行することができるようになる。得られたデータを適切に処理し,化学の分野に沿った書式の図表を作成できるようになる。行った実験および得られた結果について,考察も含めて論理的に説明できるようになる。
履修上の注意
Course notes prerequisites
OKa、OKbクラスをさらに二クラスずつに分け、
OKa1、OKb1は対面実習、OKa2、OKb2はweb教材での学習
次週はOKa1、OKb1はweb教材での学習、OKa2、OKb2は対面実習
というような、変則的なブレンド型授業形態により行う。
詳しい日程はガイダンスにて発表する。

成績は、以下のレポートより評価。レポートはLETUSより提出。
1. 実習、または動画配信までに提出する予習レポート。予習課題については前週の資料中に提示。
2. 実験手法、実験結果、実験考察、追加の設問についてまとめた実験レポート。提出期限は対面実習または動画配信から一週間後。

実習においては白衣、安全メガネを着用。
また、状況により、対面実習の実施計画が変更される可能性もあるため、LETUSをこまめに参照すること。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
実験実習を受講前には、その日に行う実験について、使用する試薬と安全性、実験手順、等の予習を必ず行うこと。
成績評価方法
Performance grading
policy
主に予習レポート、実験レポートにより評価を行う。
実習を行う事項については、レポートに加え、出欠状況、履修態度も重視する。なお、実験の準備状況や進行状況をチェックするために、実験計画書や実験ノートを提出させることがある。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
特に指定しないが、適切な実験計画をたてるためには、種々の実験書を参考とすべきである。
また、これまで学習してきた事項がベースである実験であるため、他の授業の指定教科書は理解に役立つ。
授業計画
Class plan
(クラスを分ける、またコロナ感染拡大防止の都合上、履修の予定、順番が各々異なります。ガイダンス、またLETUSを通じて周知するので、確認すること)

1   実験ガイダンス   本実験の目標・実験進行上の諸注意・レポートの作成方法など、
     一般的事項について理解・習得する。また履修スケジュールについて説明する。

2   前半の実験の解説   前半に行なう実験の理論的背景や操作法などの注意事項、お
     よびデータ処理の方法について理解・習得する。

3   サリチル酸メチルの合成   サリチル酸を原料としてサリチル酸メチルを合成し,蒸留に
     よる生成物の分離法を学ぶ。

4   マンデル酸の光学分割   マンデル酸のラセミ体を光学的に純粋なアミンを用いて塩に
     することにより光学分割方法を理解する。

5   酵素の活性調節   緩衛溶液の調製法を習得し、酵素の活性が反応溶液のpHや
     金属イオンによりどのように変化するかを検討する。

6   メチルオレンジの活性    活性アルミナへのメチルオレンジの吸着を測定し,ラングミュア
  アルミナへの吸着  吸着等温式にあてはめ単分子層吸着現象について学習する。
                
7   溶解度の温度依存性   安息香酸の溶解度を異なる温度で測定し,熱関数の取り扱い
     を理解する。

8   後半の実験の解説   後半に行なう実験の理論的背景や操作法などの注意事項、お
     よびデータ処理の方法について説明する。

9   比熱と反応熱の測定   熱容量の測定・金属の比熱の測定・中和熱の測定など,温度
     の測定を通して熱の取り扱い方を学習する。

10  無機錯体の合成   異性体を含む三種類のコバルト錯体を合成する。

11  無機錯体の物性   得られた各コバルト錯体の物理化学的性質を調べ比較検討す
     る。

12  易融合金の調製と組成分析  鉛・ビスマス・スズを熔融混合して易融合金を調製し,その
     組成をキレート滴定で求める。

13  触媒脱窒素法によるアンモ  酸化還元反応に関与する触媒反応を行ない,モデル実験を通
  ニア含有廃水処理   して排水中のアンモニア除去を理解する。

14  実験の考察および討論   行なってきた実験の結果について分析検討し,それらについ
     て考察・討論を行ない理解を深める。

15  レポートに関する総評、フィードバック
教職課程
Teacher-training course
本科目は、教育職員免許状取得(教科:理科)に必要な教科に関する科目の「化学実験(コンピューター活用含む)」区分に該当します。
ただし、教科に関する科目区分については、入学年度により異なるため、各自、入学年度または適用となる年度の学修簿により確認をしてください。
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
991635B
CLOSE