無機化学1Aのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
無機化学1A 科目番号
Course number
13CHIAC101
科目名称(英語)
Course title(English)
Inorganic Chemistry 1A
授業名称
Class name
無機化学1A
教員名 田所 誠
Instructor Makoto Tadokoro
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2022/the first term
曜日時限 木曜2限
Class hours Thursday/the second period
開講学科
Department
理学部第一部 化学科  Department of Chemistry, Faculty of Science,
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
or
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
無機化学を学ぶべき基礎を教授する。原子の成り立ち・原子核の考え方を宇宙論ベースに考えていき、核反応の現状を理解するだけの知識を学べる。また、量子論の基礎から原子の周期律・周期律がつくられている仕組みなどをどのように考えたら良いのか基礎から学べる。さらに元素の性質(イオン化エネルギー・電子親和力・電気陰性度・柔らかさ硬さを原子軌道に基づいて考える思考力を身につける。また、原子の構造や分子の構造に伴う多様な性質を電子の状態から予測できるようになる。
目的
Objectives
無機化学の基礎として周期表にある元素の成り立ちや元素の性質、量子論、VSEPR理論などを学べる。
到達目標
Outcomes
元素の成り立ちや原子力発電の原理、元素の性質、周期表、VSEPR理論など、無機化学の基礎になる事項を学ぶ。
履修上の注意
Course notes prerequisites
無機化学に関する授業知識だけではなく、自分の力で様々な参考書で納得いくまで勉強して試験に臨むことを学べる。知識などの確認のためにテストは頻繁に行うので必ず復習をしておくことを勧める。大学の授業は、高校とは異なって「自ら学ぶ」という姿勢を教えられることが重要である。高校のように1つの教科書を使うのではなく、教科書によっては見解が異なるものもあり得るので、常に論理的に考え、複数の参考書を利用することを進める。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
授業のたびに復習しておくことが好ましい。小テストには授業でやったことしか出ないので、必ず復習しておくこと。小テストは非常に重要なので休まないこと
成績評価方法
Performance grading
policy
前期に3回〜4回小テストを計画している。復習のつもりで、小テストの範囲を勉強してほしい。また、過去の問題を手に入れて勉強するのも非常に有効である。小テストは問題数が多いが、選択してできるところを完全に解答しておくことが望ましい。また、友達と一緒にわかないところをグループワークすることを進める。ほとんど全て記述問題なので、テストの範囲内で勉強し、予め論理的に自分で解答をつくっておくことが望ましい。暗記では問題が変わったときに答えられないので、必ず理解するように努めること。成績は前期末試験(40%)と3回の小試験(60%)および平常点10%(授業への積極的参加/レポートなど)の結果を総合して行う。 
2021年度は、コロナの影響があるが、現在の所、期末テストは対面で実施し、期末と小テスト3回分、および平常点で成績を付けようとおもう。また、小テストはwebと対面で同時に行うため、自筆ノートを持ち込み可とする。
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
「基礎無機化学」(コットンウィルキンソン)「無機化学」シュライバー、「無機化学」ヒューイ、「無機化学」マクダニエル・ダグラス、「典型元素の化合物」荻野 博など
授業計画
Class plan
第1回 高校と大学の化学・素粒子・原子の構成
第2回 原子の誕生・無機宇宙化学
第3回 原子核の合成・原子核の構造
第4回 核分裂反応・沸騰型原子炉・原子核結合エネルギー
第5回 原子の構造・ボーアの太陽モデル・量子性と波動性
第6回  量子力学の基礎・シュレーディンガーの方程式
第7回 水素原子軌道関数と4つの量子数
第8回 周期表・組立の原理・パウリの排他原理・フント則
第9回 周期表のしくみ・貫入効果・有効核電荷・遮蔽・Slaterの規則
第10回 元素の周期的な傾向1 ・原子半径・イオン化エネルギー・電子親和力
第11回 元素の周期的な傾向2 ・電気陰性度・柔らかさと硬さ・Koopmansの定理
第12回 元素の周期性と対角類似
第13回 原子価結合法1 Lewis構造・酸化数と形式電荷・LL電荷・18電子則
第14回 原子価結合法2 軌道近似・原子価結合理論・混成・共鳴
第15回  VSEPRモデル
教職課程
Teacher-training course
本科目は、教育職員免許状取得(教科:理科)に必要な教科に関する科目の「化学」区分に該当します。
ただし、教科に関する科目区分については、入学年度により異なるため、各自、入学年度または適用となる年度の学修簿により確認をしてください。
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
MS studio-, ChemOffice
備考
Remarks
9913G02
CLOSE