卒業研究(理一K科大塚)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
卒業研究 科目番号
Course number
13UGRES401
科目名称(英語)
Course title(English)
Research for Thesis
授業名称
Class name
卒業研究(理一K科大塚)
教員名 大塚 英典,大澤 重仁
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期~後期
Year/Semester
曜日時限 前期(集中講義)、後期(集中講義)
Class hours
開講学科
Department
理学部第一部化学科、応用化学科、及び二部化学科
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
8.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
卒業研究の履修を許可された学生は一部化学科、応用化学科及び二部化学科の各研究室に配属され、その研究室の教員の指導の下で、各研究室固有の研究テーマについて1年間研究する。
各研究室の研究テーマは、前年度末に行う卒業研究ガイダンスの際配布される「卒業研究のしおり」に記載されている。
目的
Objectives
研究室の教員の指導の下で、バイオマテリアルの研究テーマについて1年間研究する。
到達目標
Outcomes
バイオマテリアルの医療に対する役割を理解し、その開発に置ける基礎研究について、界面化学、物理化学、生化学、高分子化学的アプローチの方法論を身に着ける。習得した技能を分かり易く伝えるプレゼンテーション能力を養う。
履修上の注意
Course notes prerequisites
研究遂行上の規律をしっかりと守り、粘り強い努力を期待する。
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
実験計画をしっかりと立て、必要となる知識の習得に努め、実験で得られた結果については世界の最新状況を調査した上で考察を行うこと。
成績評価方法
Performance grading
policy
研究課題に対する取り組み態度と達成度、出席
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
最新の論文や総説など、必要に応じて設定する
授業計画
Class plan
 コロイド・界面化学・バイオマテリアル
本研究室では物理化学、特に材料と生体物質の界面におけるコロイド・界面化学的基礎物性の解明を基礎とし、医療応用に広く貢献することを目的とする。
具体的には、細胞からの生体信号を的確に検知し、かつ増幅することの出来る「分子インターフェイス」機能を有する材料界面を創出することによって、高感度診断や再生医療(オルガノイドエンジニアリング)への応用を目指す。さらに、大きさや形状の制御されたナノスケールの金属・半導体粒子・分子会合体を合成し、それらの生体認識機構を調べることによってガンをはじめとする難病の検出・イメージング、治療を達成する。
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
医薬品メーカー、国立研究機関の研究員(物質材料系)等の勤務実績を活かしバイオマテリアルの産業利用についても指導する。 
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
9913890
CLOSE