特別研究2A(昆)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
特別研究2A 科目番号
Course number
03GRRES601
科目名称(英語)
Course title(English)
Advanced Research 2A
授業名称
Class name
特別研究2A(昆)
教員名 昆 俊亮,今野 雅允
Instructor Shunsuke Kon
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2020 First Semester
曜日時限 集中講義
Class hours Intensive courses
開講学科
Department
生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biological Sciences, Department of Biological Sciences 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
3.0 授業の主な実施形態
Main class format

対面授業/On-site class
概要
Descriptions
発がんに関する基本理念を学び、生物学実験を中心とした発がん研究を行う

This course deals with the basic concepts and principles of oncogenesis. It also enhances the development of skills in implementing biological experiments.
目的
Objectives
分子生物学・細胞生物学・生化学等の知識と研究技術を習得し、それを基に、発がん分野において未解明の問題を明らかにするために研究を行い、その結果をまとめ、部門内ミーティング、学内発表会や国内ならびに国際学会で発表できる能力を身に付ける。

The aim of this course is to help students to learn the basic principles of molecular biology, cell biology and biochemistry. Based on the knowledge, students are expected to actively participate in research design, execution and data analysis to address unsolved questions in the field of cancer biology. It also enhances the development of skills in making oral presentations.
到達目標
Outcomes
腫瘍発生学における未解明の問題を提起でき、研究を通して解決する能力、研究成果を整理分析し、人に説明ならびに発表できる能力を身につける。  

Outcomes of this course are to
(1) raise unsolved questions relevant to oncogenesis
(2) tackle unrevealed issues through research activity
(3) analyze the results accurately
(4) interpret and explain the obtained data
履修上の注意
Course notes prerequisites
毎日の研究活動の他に、毎週の論文抄読会と研究進捗報告会に参加すること。

It is required to attend journal clubs weekly and meetings on progress reports
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
自分の研究に関連する原著論文をPubMed等で探して読み、その内容を研究計画や結果解析等について考える材料にすること。 

Collect information related to the research subject by reading academic articles on websites such as PubMedhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/. Based on that knowledge, design a research plan and interpret the obtained results.
成績評価方法
Performance grading
policy
研究態度(30%) 研究成果(20%)
中間発表(秋期入学の場合、修士論文および修士論文研究発表)の評価(50%)

Evaluate through research attitude (30%), research accomplishment (20%) and an internal report (in case of autumn admission, master's thesis and presentations are evaluated)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
研究テーマに関連する英語論文、総説等を参考にする。

It is necessary to read academic articles or reviews related to the research subjects
授業計画
Class plan
【特別研究の概要】
1) 1年次からの研究を継続して行うとともに、新たに生じた問題や疑問等を解決するために、研究室メンバーとの議論、関連分野の学術論文等を参考に、新たな研究方針を決定する。
2) 新たな研究の遂行に必要な研究技術•設備について議論し、新技術導入が必要な場合は技術修得のために関連研究室の教員と連携する。
3) 1ヶ月単位で成果の進捗状況を確認•議論し、問題が生じた場合はその解決法を議論する。
4) 成果は、1ヶ月に1回の頻度で研究室ゼミで発表し、他研究室教員と研究成果ならびに方針について意見交換する。
5) 研究科における中間発表会(秋期入学の場合は修士論文研究発表会)において、研究プロジェクトの理解度、基礎知識、発表の構成、スライドの構成、プレゼンテーション能力、質疑応答能力、のそれぞれの項目について評価を受ける。
6) 秋期入学の場合は、研究成果を修士論文としてまとめ、論文作製技術を学ぶ。
7) これら全般を通して、研究者・技術者としての基礎的技能を滋養することを目標とする。

【授業計画】
第1回:生命科学基礎的研究手法の習得:フローサイトメトリーによる細胞採取法の習得
第2回:生命科学基礎的研究手法の習得:qPCR法の習得
第3回:研究計画の実行:フローサイトメトリーによるがん細胞の単離
第4回:研究計画の実行:qPCR法によるがん浸潤関連遺伝子の発現解析
第5回:研究計画の実行:免疫染色法によるがん浸潤関連遺伝子の発現解析
第6回:研究計画の実行:がん浸潤関連遺伝子の阻害剤実験
第7回:研究計画の実行:がん浸潤関連遺伝子のノックダウン細胞株の樹立
第8回:研究計画の実行:がん浸潤関連遺伝子のノックダウン細胞株の表現型解析
第9回:生命科学基礎的研究手法の習得:免疫沈降法の習得
第10回:研究計画の実行:免疫沈降法によるがん浸潤関連遺伝子の結合分子の探索
第11回:研究計画の実行:免疫染色法によるがん浸潤関連遺伝子の結合分子の発現解析
第12回:研究計画の実行:がん浸潤関連遺伝子の結合分子の機能解析
第13回:研究のまとめ:研究結果の総括、研究発表の準備(秋期入学の場合、修士論文作成)
第14回:研究のまとめ:研究発表の準備(ポスター/スライドの作製)、(秋期入学の場合、修士論文作成)
第15回:研究発表

【研究分野】 上皮細胞層にがん変異細胞が発生したときにおきる現象の解析   
培養細胞に様々ながん原遺伝子、もしくはがん抑制遺伝子の変異を誘導し、がん変異細胞と正常細胞とが共在したときに生じる現象について解析を行う。

This course aims to
1) while continuing to conduct the research projects launched during the first grade, teach recent advances and findings that are relevant to the research subjects by referring to academic manuscripts in the field of oncogenesis, and outline the experimental designs
2) discuss or collaborate with instructors regarding research facilities or experimental requirements to execute the research plans
3) report the research progress to instructors, discuss it with them and figure out ways to solve problems, if any
4) give an oral presentation on the progress of research at lab meetings monthly and exchange opinions among lab members
5) for students, it is required to give an oral presentation at the internal report meeting (in case of autumn admission, a presentation for master's thesis is evaluated), which is evaluated through intelligibility, basic knowledge and a presentation skill.
6) in case that students start the course in autumn, learn to write up a master's thesis
7) mature as a basic scientist through activities described as above

Class plan
1st: Basic research methods of life science: learn the principles and methods of flow cytometer
2nd: Basic research methods of life science: learn the principles and methods of quantitative PCR
3rd: Execution of research plan: collect cancer cells using flow cytometer
4th: Execution of research plan: examine the expression levels of invasion-related genes by qPCR
5th: Execution of research plan: examine the expression of invasion-related genes by immunostaining
6th: Execution of research plan: examine the effects of inhibitors of invasion-related genes
7th: Execution of research plan: establish the cell lines that are silenced with invasion-related genes
8th: Execution of research plan: examine the effects of knock-down of invasion-related genes
9th: Basic research methods of life science: learn the principles of immunoprecipitation
10th: Execution of research plan: screen for molecules that can bind to invasion-related molecules by immunoprecipitation
11th: Execution of research plan: examine the expression of molecules that are identified by immunoprecipitation
12th: Execution of research plan: examine the function of molecules that are identified by immunoprecipitation
13th: Summary of the research project: summarize the research results and prepare for a master's thesis and an oral presentation
14th: Summary of the research project: summarize the research results and prepare for a master's thesis and an oral presentation
15th: Giving a oral presentation on the research accomplishment

Research subject is
to study the interaction between normal epithelial cells and transformed cells with genetic insults such as oncogenic or tumor-suppressive mutations using a cell culture system
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし
990C943
CLOSE