医学生物学英語特論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
医学生物学英語特論 科目番号
Course number
03BIZZZ501
科目名称(英語)
Course title(English)
Biomedical English
授業名称
Class name
医学生物学英語特論
教員名 久保 允人,北村 大介,小園 晴生,後飯塚 僚,小川 修平,中村 岳史,岩倉 洋一郎,松島 綱治,伊川 友活,櫻井 雅之,昆 俊亮,上羽 悟史,寺島 裕也,波江野 洋,落合 淳志
Instructor Ryo Goitsuka, Masato Kubo, Daisuke Kitamura, Haruo Kozono, Naoko Nakano, Ryusin Mizut
a, Shuhei Ogawa, Takeshi Nakamura, Yoichiro Iwakura, Kouji Matsushima, Tomokatsu Ikaw
a, Masayuki Sakurai, Shunsuke Kon, Satoshi Ueha, Yuya Terashima
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2021 Second Semester
曜日時限 水曜4限
Class hours Wednesday 4th Period
開講学科
Department
生命科学研究科 生命科学専攻
Department of Biological Science
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
オンライン授業(同期)/Online (synchronized remote)
概要
Descriptions
海外生活の経験があり、研究上日常的に海外研究者と英語で対話している本研究科の教員により分担で講義を行う。本講義の特徴は英語を読むことではなく、英語を聞き、英語を話すことを繰り返し行うことである。それにより、少なくとも学会において英語でのコミュニケーションが可能となるレベルまでの英会話力を身に付ける。そのため、講義及びその進行、学生のプレゼンテーションも含めて、ほぼ全てを英語によって行う。

Students will have the opportunity to learn scientific English in a lecture course by professional bioscience researchers who have experience of living abroad and who are interacting with overseas researchers in English.
Students will learn English writing, listening, and speaking in bioscience and medicine. This class focus on how students can do effective presentation and effective writing in the scientific field and teach basic skills of question-and-answer. The goal of the class will be the improvement of the English conversational skill to be able to communicate with native English speakers. Therefore, the whole lecture and presentation will run mostly in English.
目的
Objectives
我が国の医学生物学分野における国際化は急速に進行しており、学会等では英語を公用語として用いる傾向が強まっている。また、外国人の研究者や学生との意見交換の場も急速に広がっている。基礎的な科学知識や最先端の学術知見を吸収するために極めて重要な英語でのコミュニケーション能力を身に付けることがこの科目の目的である。
本研究科におけるディプロマ・ポリシー「プレゼンテーション能力及びコミュニケーション能力を習得し、研究成果を国内外に発信でき、国際的な視野を持って科学文化の啓発及び普及に貢献できる能力」を身に付ける科目である。

International communication is an essential skill in the biomedical field, and English has become an official language in several academic conferences. Most recently, the opportunities to exchange opinions with foreign researchers and students are expanding rapidly. Objectives of this class are extremely important to establish the student being internationally active in their future to acquire knowledge about basic science and cutting-edge information.

This is the subject that corresponds to the Diploma Policy "It is possible to understand the cutting-edge knowledge of the life sciences systematically, and possible to accumulate experiences about the various issues related to life sciences" in the Graduate School.
到達目標
Outcomes
1) 学会発表形式で(10分程度)、自分の研究内容を英語で発表できる。
2) 簡易な英語の質問をハンドリングできる。
3) 英語で、短い質問あるいはコメントをすることができる。 

Students should be able to:
1) Make a statement about their own research project in English in the conference presentation style (about 10 minutes).
2) Respond to simple English questions.
3) Make a short questions and comments in English.
履修上の注意
Course notes prerequisites
特になし。nothing
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
毎回の授業の数日前に、授業で用いる教材をCLASSあるいはLETUSに掲示するので、それを聴いて2時間程度予習をし、授業の後にも2時間以上、声に出して話す練習をすること。

A few days before each class, the list of teaching materials to be used in the class are posted on the CLASS or LETUS. So, students are expected to prepare for them for about 2 hours in advance, and after the class, they need to read them aloud more than 2 hours.
成績評価方法
Performance grading
policy
第14回 15回に行うプレゼンテーションにおける英語表現力(50%)、質問に対する応答(30%)、質問を行う積極性(20%)について、参加教員が評価する。

Faculty members evaluate following performance:
English expression ability in the presentation carried out in the 14th and 15th of the class (50%), answering questions (30%), actively engaging in discussion (20%).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
Fundamental Immunology, 7th edition, William E. Poul
授業計画
Class plan
第1回:自己紹介(久保允人) :
英語での自己紹介などを介して、コニュニケーションの取り方の基本を学べる。
Student will learn the basic skill of communication and self-introduction in English.

第2回:医学英語の書き方:イントロダクションを如何に書くか(久保允人:
書き方と文法、課題、語彙、イントロダクションを書いてみる。
Science research writing: How to write an Introduction
Structure, Grammar and Writing Skills, Build a Model, Writing an Introduction Section

第3回:医学英語の書き方:材料および方法のセクションを如何に書くか(久保允人):
書き方と文法、課題、語彙、材料および方法を書いてみる。
Science research writing: How to write a Materials and Methods
Structure, Grammar and Writing Skills, Build a Model, Writing a Method Section

第4回:医学英語の書き方:結果のセクションを如何に書くか(久保允人):
書き方と文法、課題、結果を書いてみる。
Science research writing: How to write a Result
Structure, Grammar and Writing Skills, Build a Model, Writing a Result Section

第5回:医学英語の書き方:考察と結語のセクションを如何に書くか(久保允人):
 書き方と文法、課題、語彙、考察と結語を書いてみる。
Science research writing: How to write the Discussion/Conclusion
Structure, Grammar and Writing Skills, Build a Model, Writing the Discussion/Conclusion Section

第6回:医学英語の書き方:アブストラクトのセクションを如何に書くか (櫻井雅之):
書き方と文法、課題、語彙、アブストラクトを書いてみる。
Science research writing: How to write the Abstract
Structure, Grammar and Writing Skills, Build a Model, Writing the Abstract Section

第7回:英語プレゼンテーション技術 (北村大介) :
英語の教材を聴き、それを書き出し、暗唱する。また、映像を見ながら、英語で説明する。
English presentation technology
Listening the English textbooks and writing out summary. In addition, while watching the video, describe it in English.

第8回:英語プレゼンテーション技術 (小園晴生):
生命科学に関連した英語プレゼンテーションを聞き、先に学んだことが如何に反映されているか、検討する。また、あらかじめ与えられた課題を基に、各自が2-5分ほどのショートプレゼンテーションを行えるようになる。
English presentation technology
Listening the English textbooks and writing out summary. In addition, while watching the video, describe it in English.

第9回:英語プレゼンテーション技術 (後飯塚 僚) :
授業では約3分の1を、英語プレゼンテーションのヒアリング、その内容をもとに、約3分の1を学生との質疑応答、最後の3分の1を使って、英語プレゼンテーション技術などについて講義する。
English presentation technology
One-third of the class, students are expected to hear English presentation. Another one-third of the class time, they are expected to ask questions and answer questions based on the contents. Last one-third, they are expected to take the lecture related to English presentation techniques.

第10回:英語プレゼンテーション技術 (中村岳史):
脳神経科学に関する教科書・文献について、英語で要約をプレゼンテーションするとともに質疑応答する。
English presentation technology
Students are expected to give a presentation in English about the summary of textbooks and references related to neuroscience, and ask questions, answer questions.

第11回:英語プレゼンテーション技術(伊川友活) :
免疫生物学に関する教科書・文献について、英語で要約をプレゼンテーションするとともに質疑応答する。
English presentation technology
About textbooks and references on immunobiology, students will give a presentation of the summary in English, and ask questions, answer questions

第12回:英語プレゼンテーション技術(崑俊亮) :
腫瘍学に関する教科書・文献について、英語で要約をプレゼンテーションするとともに質疑応答する。
English presentation technology
About textbooks and references on oncology, students will give a presentation of the summary in English, and ask questions, answer questions

第13回:英語プレゼンテーション技術 (中野直子) :
ネット上に公開されている生命科学に関する英語の授業を聞き、そこで使われているいくつかの表現をピックアップする。それらの表現法を用いたショートプレゼンテーションを授業中に各自が作製して発表し、英語で話す技術を学習する。
English presentation technology
Students will take English classes related to life sciences which is published on the net, and pick up some of the expressions. In class, each will create a short presentation using these expression style, and give the presentation. Finally, they learn the presentation techniques.

第14回:英語でのプレゼンテーションの準備(久保允人) :
これまでの授業の成果を基に、本授業では一人ずつ順番に自ら行っている研究について英語で発表を行い、質疑応答を行う。この結果、大学院生一人一人が自らの研究内容を英語でまとめスライドを使って発表すること、他の院生の発表を聞き,内容を理解して適切な質問をすること、また、これに対し、適切な受け答えを英語で行うことができる様になる.
Practice session of presentation in English:
Based on the achievements of previous classes, students will present their own researches with the summary slide in English, and ask the right questions against the presentations of other students. In addition, they will be able to provide appropriate feedback against the questions in English.


第15回:英語でのプレゼンテーションの評価(久保允人) :
これまでの授業の成果を基に、本授業では一人ずつ順番に自ら行っている研究について英語で発表を行い、質疑応答を行う。この結果、大学院生一人一人が自らの研究内容を英語でまとめスライドを使って発表すること、他の院生の発表を聞き,内容を理解して適切な質問をすること、また、これに対し、適切な受け答えを英語で行うことができる様になる。
Evaluation of English presentation:
Based on the achievements of previous classes, students will present their own researches with the summary slide in English, and ask the right questions against the presentations of other students. In addition, they will be able to provide appropriate feedback against the questions in English.

教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
特になし
990C506
CLOSE