Immunobiologyのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
Immunobiology 科目番号
Course number
03BIMEB604
科目名称(英語)
Course title(English)
Immunobiology Immunobiology
授業名称
Class name
Immunobiology
教員名 伊川 友活,久保 允人,北村 大介,小園 晴生,後飯塚 僚,小川 修平,岩倉 洋一郎,上羽 悟史
Instructor Tomokatsu Ikawa, Daisuke kitamura and Masato Kubo
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester 2021 First semester
曜日時限 木曜5限
Class hours Thursday, 5th period
開講学科
Department
生命科学研究科 生命科学専攻
Graduate School of Biomedical Sciences/Master's Course
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
English
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ブレンド型授業/Blended format
概要
Descriptions
免疫系を構成する細胞や機能分子についての基礎知識を身につけた上で、免疫系による抗原認識機構、自己寛容成立の機構など自然免疫・獲得免疫における多様な免疫応答のメカニズムを理解する。

Students will attain basic knowledge of cells and functional molecules in the immune system. Thereafter, they will learn about the mechanisms of multiple immune reactions in innate and acquired immune systems, such as antigen presentation and tolerance.
目的
Objectives
学部生の間に免疫学を学ばなかった学生にも複雑な免疫の仕組みが理解できるように免疫学の基礎に絞って講義を行う。学生は免疫の関わる疾患、治療法など最先端のトピックが説明できるようになる。

We will first deliver a lecture on basic immunology so that the students who have not studied immunology at school will be able to understand the complex immune system. Students will be taught the recent topics, such as diseases and treatment in which the immune cells are involved.
到達目標
Outcomes
生体防御機構である免疫反応に関わる細胞、分子を理解する。また、感染が起こったときにどのような細胞が病原体に対応していくのかを時系列の中で理解する。さらに、免疫系が暴走することによって起こるアレルギーや自己免疫疾患の仕組みを理解し、これらの疾患に対しどのような治療法がとられているのかを学ぶ。

Students will gain understanding of the molecular and cellular mechanisms of various immune reactions. They will also learn how the immune cells invade the pathogens ,once a bacterial or a viral infection occurs. They will further learn the mechanisms of allergy or autoimmune diseases which occur when the immune system is markedly activated and the treatment against these diseases.
履修上の注意
Course notes prerequisites
基本的な分子生物学や細胞生物学の仕組みを理解していることが望ましい。

Students should get familiar with the basis of molecular and cellular biology.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
- 小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
- グループワーク
Group work
-
プレゼンテーション
Presentation
- 反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
毎回の講義の数日前に、講義で用いる教材ならびに関連する資料を、CLASSに掲示するので、その記載事項について、参考書の中の該当箇所を2時間程度かけて調べ、充分に理解した上で、講義に望むこと。
講義後は、講義内容の関連分野の図書や論文を参考に2時間程度復習し、各自の理解に努めること。

The content of the lectures will be uploaded on the CLASS system a couple of days before the lecture to facilitate your preparation and review.
成績評価方法
Performance grading
policy
80%: 各講師による小テスト、または、課題レポート。
20%: 講義での質問、議論など、授業に向かう姿勢、熱意。

Evaluation based on an internal report or a test (80%) and positiveness of the participation in discussion (20%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
Janeway's Immunobiology (9th edition), K. Murphy (Garland Science)
 和訳:免疫生物学(原書第9版)」(南江堂)
授業計画
Class plan
1. 免疫系の発生と進化:伊川 友活
免疫系を構成する細胞の種類と仕組みを理解し、これら免疫細胞が生体内でどのように分化・発生し、恒常性が維持されているのかを理解する。また、免疫細胞の起源や進化についても考察する。

Development and evolution of immune system: Tomokatsu Ikawa
Students will gain understanding of the cells and their respective immune system and the function. Theywill also learn how the immune cells are differentiated and maintained in our body. Origin of immune cells and evolution of the immune system will also be discussed.

2. B細胞分化とシグナル:北村 大介
B細胞の発生分化の分子機構とB細胞受容体からのシグナル伝達の仕組みを理解する。

B cell differentiation and signaling:Daisuke Kitamura
Students will learn the molecular mechanisms of B cell development and signaling.

3. B細胞による免疫応答:北村 大介
B細胞による免疫反応を理解する。

B cell immune responses: Daisuke Kitamura
Students will gain understanding the humoral immune response.

4. 自然免疫(樹状細胞、マクロファージ、TLRなど):上羽 悟史
自然免疫の基本的仕組みを理解し、樹状細胞(DC)による抗原提示やTLRなどを介した病原体感知システムの分子機構について学ぶ。

Innate Immunity (DC, Macrophage, TLR etc.) : Satoshi Ueha
Students will gain understanding of principles of innate immunity.

5. T細胞による抗原認識、MHC、抗原提示、補体:小園 晴生
T細胞による抗原認識やMHC、抗原提示、補体の仕組みについて理解する。

T cell recognition, MHC, antigen presentation, and complement: Haruo Kozono
Students will learn the mechanisms of T cell recognition, MHC, antigen presentation and complement.

6. T細胞分化、胸腺細胞の選択、免疫寛容、制御性T細胞、gdT細胞:中野 直子
T細胞分化、胸腺における正負の選択、免疫寛容、制御性T細胞、gdT細胞など様々なT細胞の分化や機能について理解する。

T cell development, thymic selection, tolerance, Treg, and gdT cell: Naoko Nakano
Students understand T cell development, positive and negative selection of thymocytes, tolerance, Treg and gdT cells.

7. T細胞の活性化、共刺激分子:小川 修平
T細胞の活性化や共刺激分子について理解する。

T cell activation and costimulatory molecule: Shuhei Ogawa
Students will learn T cell activation and costimulatory molecules.

8. アレルギー、マスト細胞、NK細胞、好塩基球:後飯塚 僚
アレルギー反応の仕組みやマスト細胞、NK細胞、好塩基球などの働きを理解する。

Allergy, Mast cell, NK cell, Basophil: Ryo Goitsuka
Students learn the mechanisms of allergic reactions, mast cells, NK cells, and basophils.

9. T細胞性免疫、ヘルパーT細胞、サイトカイン:久保 允人
T細胞性の免疫や各種ヘルパーT細胞、サイトカインについて理解する。

T cell response, Th1,Th2,Th17,Tfh, CTL and Cytokine: Masato Kubo
Students will gain understanding of T cell response, helper T cell subsets, and cytokines.

10. 自己免疫疾患:岩倉 洋一郎
自己免疫疾患が起こる仕組みを理解する。

Autoimmune disease: Yoichiro Iwakura
Students will gain understanding of the mechanisms of autoimmune diseases.

11. 腫瘍免疫、GVHD、がん免疫療法:伊川 友活
腫瘍免疫やGVHDの基本的な仕組み、がん免疫療法などについて理解する。

Tumor immunology, GVHD and Cancer immunotherapy: Tomokatsu Ikawa
Students will learn the tumor immunology, GVHD and immunotherapy.


12. 免疫細胞のライブセルイメージング: 岡田 峰陽(理研)
免疫細胞の生体内における細胞間相互作用を生きた組織で可視化し、免疫応答がどのように制御されているかについて理解する。

Live-cell imaging of immune cells: Takaharu Okada
Students will gain understanding how to visualize cell-cell interactions of immune cells in the body by live-cell imaging.

13. 免疫メタボリズム、インフラマソーム:北見 俊守(理研)
免疫系における代謝の役割やインフラマソームの産生機構を理解する。

Immunometabolism and Inflammasome: Toshimori Kitami(Riken)
Students will gain understanding of the roles of metabolism in the immune system and inflammasome.

14. 免疫学の最新トピック:外部講師によるセミナー
外部講師による講義を聞き免疫学の最先端研究を理解する。

Current topics in Immunology: Seminar by a visiting lecturer
Students will learn regarding the recent topics in Immunology.

15. 総合討論
これまでの講義の内容からいくつかトピックを取り上げグループごとに議論する。
Open Discussion
Students will have the opportunity to participate in discussion on several topics selected from previous lectures.
教職課程
Teacher-training course
本科目は教職に関する科目であり、教育職員免許法施行規則に定める「大学が独自に設定する科目」に該当する科目です。

This course is related to teacher training and falls into 'a subject originally prepared by the university’ stipulated in the Ordinance for Enforcement of the Education Personnel Certification Act.
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
990C235
CLOSE