イノベーション・チーム・ラボのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
イノベーション・チーム・ラボ 科目番号
Course number
L2LBARTs49
科目名称(英語)
Course title(English)
Innovation Team Lab
授業名称
Class name
イノベーション・チーム・ラボ
教員名 片山 昇,岡村 総一郎,平塚 三好
Instructor Noboru Katayama, Soichiro Okamura, Miyoshi Hiratsuka,
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2022/ 2nd semester
曜日時限 水曜5限
Class hours Wednesday, 5th 
開講学科
Department
生命科学研究科/修士課程
Graduate School of Biological Sciences / Masters Course
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
日本の経済は大きな曲がり角に入りつつあり、これまでのような大企業がすべてであるといった価値観は通用しなくなっている。その背景にはグローバルエコノミクスがあり、企業活動も集中から分散に変貌していることにある。本学の大学院生に求められることは、その優れた研究力に加え、研究成果を社会に還元できる力と新しいビジネスを立ち上げられる力に他ならない。
そこで、研究成果の中にある「シード」を社会に役立て、ビジネスに結びつけるためのビジョンを描けるように、問題の発見とその解決のための考える力を養う。

As Japanese economics is becoming global, it is requested for students to contribute to social innovations by using research results.
In this class, by understanding seeds in laboratories, discover a social problem and solve it with business model throughout group works.
In proposing a project, not only engineering students but also management students join to build a team. Cooperation of students with different specialties and ages is necessary.
目的
Objectives
将来、起業家あるいは大企業内のプロジェクトリーダーとなって日本を支え、持続的に発展させることができるようになるために、研究成果を社会に還元できるイノベーション力と経営者となるための力を養うことを目的として、本講義を設ける。

For the student who wants to become an entrepreneur or a project leader in big companies, this class aims to strengthen the innovation abilities of individuals. Knowledge for entrepreneur, interview skills, and presentation skills are accelerated.  
到達目標
Outcomes
・起業家やプロジェクトリーダになる上での基本的な知識を身につけることができる。
・専門性の高い技術シーズの内容を十分理解し、研究者に適切な質問ができる。
・技術シーズで解決できそうな問題を見つけ出し、具体的な解決策を提案できる。
・専攻が異なる学生とグループワークを通して、チーム力によって問題解決策を提案できる。
・インタビューを通して、第3者に意見を求めることができるようになる。
・ビジネスコンテストに応募して、プレゼンテーションできるようになる。

Outcomes are expexted as follows,
Obtain the fundamental knowledge for entrepreneur and project leader
Understand a technical seeds in laboratories and make questions to researchers
Find a problem to be solved by technical seeds and propose a realistic solution
Build a team with students in various department to propose a solution for specific problem
Collect opinions from others by making interview
Apply a business contest and present strategies/methods
履修上の注意
Course notes prerequisites
本講義は野田キャンパスで開講する。グループワークが主体となるので、途中からの受講辞退は避けること。

定員は40名とし、希望者が多数の場合には抽選となる。

LETUS上で配布する資料を内容を理解の上、当日閲覧できるようにすること。出席して聴講し、討議に参加し、アンケート記載、レポート提出を行うことで成績評価する。なお、講義中に電子的に回答を求めることがあるので、学内ネットワークを利用できるPC/スマホを持参すること。

This class is held in Noda campus. After the 3rd class, new registration is not allowed.

Maximum number of students is limited to 40.

All copies for this class are distributed on LETUS. Students are recommended to understand copies, join discussions, answer questionnaires, and submit reports. All students should bring their own device such as PC and smart phone for answering questionnaires in real time.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
yes 小テストの実施
Quiz type test
yes
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
yes グループワーク
Group work
yes
プレゼンテーション
Presentation
yes 反転授業
Flipped classroom
no
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
LETUS上に事前登録される資料を、予め読んでおくこと。特に英語の資料は、事前に内容を理解しておくこと。
レポート提出の指示があった場合には、復習の上必ず提出のこと。 

Copies on LETUS are written in Japanese or English. Before the class, students should understand the copies. If needed, report submission is requested for evaluation.
成績評価方法
Performance grading
policy
授業後のLETUS上で行うアンケート10%、レポート50%、グループワークにおける積極性10%、最終回のプレゼンテーション貢献度30%として評価する。 

Evaluated by questionnaires(10%) , reports(50%), contribution in group works(10%), and contribution for final presentation(30%).
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
授業計画
Class plan
1. 技術を社会に還元することの大切さ
2. イノベーションと起業
3. ベンチャーの事例紹介
4. ベンチャー企業が考えるべき8つのポイント
5. 招待講義
6. マーケティングの基礎
7. 市場規模予測と売上げ計画
8. 東京理科大学の研究とシードについて+チームビルド
9. プロジェクトの顧客は誰だ
10. 招待講義
11. 知的財産とは
12. 知財戦略の事例
13. ファイナンスとビジネスモデル
14. チームによるミニプレゼンとメンタリング
15. 最終発表会

※ゲスト講師の都合で内容が前後する可能性あり

1. Importance of solving social problems by technologies in laboratory
2. Innovation and Entrepreneur
3. Examples of Venture Companies
4. 8 Points to be considered in creating Venture Company
5. Invited Lecture
6. Fundamentals of Marketing
7. Market Size Estimation and Sales Plan
8. Overview of Researches and Seeds in TUS + Team Building
9. Customers of Project
10. Invited Lecture
11. Fundamentals of Intelligent Property
12. Examples of IP
13. Finance and Business model
14. Mini-Presentation and Application to contest
15. Final Presentation
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
-
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
この講義は、マサチューセッツ工科大学教授のクスマノ先生によってデザインされました。

This class was designed by Prof. Michael Cusumano, professor MIT Sloan in 2016. 
990C206
CLOSE