実践M&A戦略(秋)実践M&A戦略のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
実践M&A戦略 科目番号
Course number
88MTMOT617
科目名称(英語)
Course title(English)
M&A strategy
授業名称
Class name
実践M&A戦略(秋)実践M&A戦略
教員名 小林 憲司,石橋 哲
Instructor Kenji Kobayashi(MAIN)
Satoshi Ishibashi(SUB)
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2nd Semester, AY2022
曜日時限 火曜6限 火曜7限
Class hours 火曜日 6時限・7時限
開講学科
Department
経営学研究科技術経営専攻

Graduate School of Management, Department of Management of Technology 
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面授業/On-site class
概要
Descriptions
M&Aは企業のビジネスポートフォリオを変革させる手法として、今やビジネス上で必須のものとなっている。しかし、M&Aは人物金の総体である事業の変革という複雑な側面を持つため、失敗の多い取引でもある。本講義ではM&Aを進める際に理解しておくべき知識を総合的に学習しM&Aの成功確率を高めることを目標とする。

Mergers and acquisitions have become an essential part of business as a method of transforming a company's business portfolio. However, M&A is also a transaction that is prone to failure because of the complexities of transforming a business which includes manpower goods and capital. In this lecture, we aim to increase the probability of success of M&A by comprehensively learning the knowledge that should be understood when conducting M&A.
目的
Objectives
技術経営専攻は固有の目的を教育課程で実現するために起業家・CXO等の構成要素に則した8つの教育研究領域を置き、教育課程を「コア科目」、「基礎科目」、ジョブ・ターゲットをより具体化した3つの「トラック科目(E-MOT、イノベーター、アントレプレナー)」、「社会連携科目」及び目的に合致し入学した学生個別の到達目標を実現する「演習科目」に区分し、授業科目を重点的・効果的に配置している。

本科目は、トラック科目であり、ディプロマポリシーの1、2,3、5の力をつける。

M&Aを実行するにあたって必要な以下の知識を総合的に学習する:
-M&Aに関する会計及び税務
-M&Aのストラクチャリング
-M&Aのステップと外部専門家の利用
-バリュエーションの手法、特にDCF法と類似企業比較法
-統合比率の算定及びプレミアムとディスカウント
-ポストM&Aに関するインテグレーション
-取得原価配分(PPA)における無形資産評価とのれんの計上



Department of Technology Management has eight education and research areas in line with the components of entrepreneurs and CXOs in order to realize the unique objectives of the curriculum. The curriculum is divided into "core subjects," "basic subjects," three "track subjects (E-MOT, Innovator, Entrepreneur)" that further specify job targets, "social collaboration subjects," and "seminar subjects" that meet the objectives and realize the achievement goals of individual students enrolled.

This course is a track course and will develop the skills of1,2,3 and 5 of the Diploma Policy.


To comprehensively learn the following knowledge necessary to execute M&A transactions
-Accounting and taxation of mergers and acquisitions
-M&A structuring
-M&A steps and the use of outside experts
-Valuation techniques, especially DCF and comparable companies’ methods.
-Integration ratio calculations and premiums and discounts
-Integration post-M&A
-Intangible asset valuation and goodwill in Purchase Price Allocation (PPA)
到達目標
Outcomes
M&Aに関する総合的な知識を身に着け、M&Aの実務担当者として価値あるM&Aを推進できるようにする

Acquire comprehensive knowledge of M&A and be able to promote valuable M&A as an in charge of M&A transaction
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
レタス参照

Refer to LETUS 
成績評価方法
Performance grading
policy
レポート・発表50% 授業への貢献度50%

Report/Presentation 50% Contribution to class 50% 
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じ、LETUSに掲示する。

Post in LETUS as needed.
授業計画
Class plan

【授業形態】
理論講義:ケース講義:グループディスカッション:ゲスト:校外学習
=70:30:0:0:0  (%)  

[Class Style]
Theory lecture: Case study lecture: Group discussion: Guest speaker: External study = 70:30:0:0:0 (%)


【授業計画】
1自己紹介/講義の全体像
講師の自己紹介及び講義の全体像を説明した上で、学生の問題意識及び興味を議論する

2M&A戦略とディールストラクチャー/企業結合会計と組織再編に関する税務
M&A戦略を策定する場合に、会計及び税務がどのような影響を受けるかを理解できるよう、企業結合会計と組織再編に関する税務の基本を学習する。

3M&Aのステップ/プレーヤーの多様化/ファンドの役割とMBO
M&A実施のステップ、外部専門家の利用、投資ファンドの役割、MBO等に関して学習する

4バリュエーション/ 3つの評価アプローチ/インカムアプローチにおけるDCF法
企業価値評価の基本アプローチであるネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチを学習し、今日の評価理論の中心であるDCF法の計算をケーススタディで実践する

5マーケットアプローチにおける類似会社比較法
マーケットアプローチの中心である類似会社比較法の適用をケーススタディで実践する

6統合比率の算定/プレミアムとディスカウント
M&Aの交渉の焦点となる統合比率の計算を実践する。またスタンドアローンバリューからのプレミアムとディスカウントに関して学習する

7M&Aデューデリジェンス 
M&Aのデューデリジェンスは財務、税務、法務、人事等多岐に亘るが、最も一般的に実施される財務デューデリジェンスに関して、留意すべきポイントを学習する。

8ポストM&A/インテグレーション/ PPA
M&A後の統合作業(インテグレーションによるシナジーの追求)及びポストM&Aの会計の論点である取得原価配分(PPA)において問題となる無形資産の計上とのれんの算出に関して学習する。無形資産の計上としては、超過収益法による顧客関係の評価を学習する。


[Class Plan]
1 Introduction/Lecture Overview
Self-introduction of the lecturer and explanation of general overview of the lecture, followed by discussion of students' issues and interests.
2 M&A Strategy and Deal Structure / Business Combination Accounting and Taxation on Reorganization
Learn the basics of business combination accounting and taxation of reorganization so that you can understand how accounting and taxation are affected when formulating M&A strategies.

3 Steps in M&A / Diversification of players / Role of funds and MBO
To learn about the steps in M&A implementation, use of external experts, role of investment funds, MBO, etc.

4 Valuation/ 3 valuation approaches/DCF method in income approach
Learn the basic approaches to corporate valuation: Net Asset Approach, Income Approach, and Market Approach, and practice the calculation of the DCF method, which is the core of today's valuation theory, through case studies.

5 Comparable companies’ method in the market approach
Learn the comparable companies’ method, the core of the market approach, through case studies.

6 Calculation of Integration Ratio/Premium and Discount
Students will practice calculating the integration ratio, which is the focal point of M&A negotiations. Students will also learn about premiums and discounts from standalone values.

7 M&A Due Diligence 
M&A due diligence covers a wide range of areas, including financial, tax, legal, and human resources, but this course will focus on the financial due diligence that is most commonly conducted. Students will learn about essential points of the financial due diligence.

8 Post M&A / Integration / PPA
Students will learn about post M&A integrations that aim at synergies and the accounting for intangible assets and the calculation of goodwill, which is a main topic on post-M&A accounting, that is Purchase Price Allocation (PPA). Students will also learn about the valuation of customer relationships using the excess earning method.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
小林憲司(主担当)
EY新日本有限責任監査法人等で監査及び税務業務を経験した後、新日本アーンストアンドヤンググループで取締役パートナーとしてM&Aのデューデリジェンス、リストラクチャリング及びバリュエーション等を行った。また、建設不動産中心とした企業グループの代表として、海外M&Aの実行、国内外M&AのPMIなどを経験した。現在はM&Aのデューデリジェンス及びバリュエーション等を行う会社(ビバルコ・ジャパン)の共同代表を務めている。20年近くM&Aの仕事をしてきたので、その経験を伝えられたらと考えます。

石橋 哲(担当)
日本長期信用銀行、CITIBANK、産業再生機構を経て、日本郵政顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局調査統括補佐、地域経済活性化支援機構プロフェッショナル・オフィス・シニアアドバイザー等。


Kenji Kobayashi(MAIN)
After working for Ernst & Young ShinNihon and other firms in auditing and taxation, Kenji Kobayashi worked as a partner at Ernst & Young ShinNihon Group, where he was involved in M&A due diligence, restructuring and valuation. In addition, as a representative of a corporate group focusing on construction and real estate, he was involved in the execution of overseas M&A and PMI of domestic and overseas M&A. He is currently the co-CEO of a company (BVCJ Co., Ltd.) that conducts M&A due diligence and valuation, etc. He has been working in the M&A field for nearly 20 years and would like to share his experience in the lecture.


Satoshi Ishibashi(SUB)
After stints at the Long-Term Credit Bank of Japan, CITIBANK, and Industrial Revitalization Corporation of Japan, he went on to the positions of Advisor of Japan Post, Investigation Team Deputy Leader in National Diet of Japan Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission (NAIIC) , and Professional Office Senior Advisor to Regional Economy Vitalization Corporation of Japan.
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
22MT006
CLOSE