プロジェクトエクササイズ(春夏)プロジェクトエクササイズ(秋入学)のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
プロジェクトエクササイズ 科目番号
Course number
88MTSEE604
科目名称(英語)
Course title(English)
授業名称
Class name
プロジェクトエクササイズ(春夏)プロジェクトエクササイズ(秋入学)
教員名 石橋 哲,生越 由美,岸本 太一,若林 秀樹,宮永 雅好,日戸 浩之,中山 裕香子,加藤 晃,青木 英彦,井上 悟志,諏訪園 貞明
Instructor
開講年度学期 2022年度 前期
Year/Semester
曜日時限 土曜5限
Class hours 16:10~16:55
開講学科
Department
大学院 経営学研究科 技術経営専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
本科目は、2年次「プロジェクト」のグラデュエーションペーパーの作成テーマ・計画等を決定するための科目である。

This course is for deciding the theme and plan for creating the graduation paper for the second year "project".

目的
Objectives
本科目は、演習科目であり、ディプロマ・ポリシーの1~7の力をつける。

当該科目は、グラデュエーションペーパー作成において、学生自身が入学時に思考している作成内容をより具体化させるとともに、教員の知見領域を理解することで、作成するための教授(指導)を受ける履修教員を選択すること、また一方で、教員も教授(指導)可能な学生を明示することを目的とする。

This course is an exercise course and will develop the skills from 1 to 7 of the Diploma Policy.

This is a course to assign a professor (guidance) to create a graduation paper by clarifying the content that the student thought at the time of admission and understanding the knowledge area of the faculty member. Also, the course is to identify the students who each faculty member can teach.
到達目標
Outcomes
2022年度プロジェクトにおいて作成するグラデュエーションペーパーの作成計画を、明白かつ簡潔に発表することができる。

Students can present the graduation paper preparation plan for the 2021 project clearly and concisely.
履修上の注意
Course notes prerequisites
指導教官の指導方針に従うこと。


Follow the instruction of faculty members.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
各教員の指導内容は、以下の通り(入稿順)。

加藤晃教授:1)自己紹介と指導できる分野、2)リサーチとは何か?、3)テーマ選びと方法論(定量・定性の概要)、4)先行研究の探し方・読み方、5)仮説の設定、6)論文の形式・作法、7)研究アプローチの実際、8)その他Q&A(運営方針・雰囲気など)

若林秀樹教授:1)自己紹介、ゼミ紹介、分野、2) ペーパー概要、技術経営論文とビジネス企画提案、過去の事例、3) 対象と切り口、その相互関係、学問分野での思考の差、4) 質疑、学生テーマ

石橋哲教授:プロジェクトの進み方(プロジェクトエクササイズの位置づけ再見)、グラデュエーションペーパーについて、教員(石橋哲)の使い方、テーマとディスカッション

宮永雅好教授:皆さんの2年間の勉強の集大成を図るため、理論、事例分析、考察、検証、など様々なアプローチにつき一緒に研究していきたいと思っています。特に21世紀は価値の多様化が進む時代です。それは価値を形成するoutcomes(成果類)の評価が問い直されているからです。2030年に向けたSDGsだけでなく、次の50年、100年を見据えながら、どのような価値を作っていくべきかについても議論していければ幸いです。

岸本太一講師:テーマの設定における一つのポイントは「自分が研究しようとしている課題や現象が、経営学におけるどの分野に該当するものなのか」を明確化し、適切に位置づけることにあります。それを行わなければ、既存の類似研究の蓄積も活用できませんし、それらとの違い(=自身の研究のオリジナリティー)を的確に描写することもできないからです。
 経営戦略論、経営組織論、マーケティング、生産管理、サプライチェーンマネジメント、研究開発マネジメント、財務比率分析、企業経済学・・・。私はこれまで、学者としての活動において、複合領域による総合分析を主なスタンスの一つに据え、様々な研究を行ってきました。講義においても、経営学の様々な分野を網羅的に取り扱うタイプの科目を、多数担当してきました。それらの経験を活かし、上述したポイントに着目しつつ、実務的にも学術的にも意義の大きいテーマを見つけ出すための指導を、「プロジェクトエクササイズ」においては、行っていきます。
 なお、私の指導のスタンスおよび私が担当する「来年度のプロジェクト」に興味を持たれた方は、個人HP(下記のURL)に、関連するコンテンツを色々と掲載しているので、そちらをご参照ください。
https://www.taichikishimoto.work/pages/1416226/page_201711111110

生越由美教授:私のゼミは、「付加価値のある情報」をどのように経営に活かすか、「イノベーティブなビジネスモデル」をどのように構築するかに関するペーパーが多いです。
 2005年から130名以上学生を指導してきました。テーマは幅広く、知的財産との関連性は必要ありません。先端技術、地域ブランド、アニメ、医療機器、地域野菜の販売手法、無人店舗の在り方、高校生の起業支援,JAXAの情報管理など。真に研究したいことを追求し、研究手法を模索し、研究をまとめる学生の姿に、毎年感動しています。
 今年前半から、2000年以降のアップル、グーグル、マイクロソフト、ノキアなどの企業の攻防とインダストリー4.0に向けた動きを研究中です。「馬鹿な大将、敵より怖い。」と痛感しています。この研究成果を経済産業省関連の新聞で連載中です。研究は辛くて大変ですが、面白いですよ。
 「プロジェクトエクササイズ」では、学生の考えているテーマを因数分解し、研究方法や研究テーマの探し方について講義します。「プロジェクト」では、「納得できる良いペーパーの完成」というゴールに向けて全面支援します。是非、一緒に研究しましょう。

青木英彦教授:31年間に及ぶ日米証券アナリスト業務や神戸大学大学院経営学研究科博士課程での研究成果などをベースとして、徹底したグループディスカッション・個別指導を行う。質の高いグラデュエーションペーパー執筆が最終目標だが、その過程では視座を高め(経営者目線)、視野の拡げる(海外・他業種事例からの学び)ことを探求する。他ゼミや学外との交流を積極化させる、オープンな運営を目指す。

日戸浩之教授:基本方針は以下の3点です。
1.担当教員のカバーしている領域は、マーケティング、あるいはB2Cセクター中心ですが、比較的広いです。プロジェクトで多様な議論をしたいので、様々な専門性、問題意識、バックグラウンドの学生の方を歓迎します。
2.本専攻でのプロジェクト運営の経験は着任して2年目なので浅いです。 MOTのよい組織文化(自由に議論ができる場の形成など)をもとに、これまでの先生方の蓄積、ノウハウを生かしながら、かつ、皆様と新しいプロジェクト運営の方法論を作っていきたいと思います。
3.時間のない社会人学生の方も事情も考慮して、体系的、効率的に、プロジェクトを運営していきたいと思います。そのために、論文執筆の生産性を上げるノウハウは取り入れていきたいと考えています。

井上悟志教授:授業では自己紹介に加え経済産業省を中心に中央省庁・政府関係機関で25年以上にわたり行政に携わってきた経験に基づき指導します。


The guidance content of each faculty member is as follows (in order of submission).

Professor Akira Kato: 1)Self-introduction and research field, 2) What is research?, 3) Theme selection and methodology (outline of quantitative and qualitative analysis), 4) search and reading of prior research / review, 5) setting of hypothesis, 6) form and manner of thesis, 7) practice of research approach, 8) other Q & A (management policy and atmosphere, etc.)

Professor Hideki Wakabayashi: 1) Self-introduction, seminar introduction, field, 2) Paper outline, management of technology paper and business planning proposal, past cases, 3) Targets and perspectives, their interrelationships, differences in thinking in academic fields, 4 ) Q & A, student theme

Professor Satoshi Ishibashi: How to proceed with the project (reviewing the position of project exercise), how to use the faculty member (Satoshi Ishibashi), themes and discussions on graduation papers

Professor Masayoshi Miyanaga: In order to compile your two years of study, I would like to work together on various approaches such as theory, case analysis, consideration, and verification. In particular, the 21st century is an era of diversifying values. That is because the evaluation of outcomes that form value is being re-questioned. It would be great if we could discuss not only the SDGs for 2030, but also what kind of value we should create while looking ahead to the next 50 and 100 years.

Lecturer Taichi Kishimoto: One of the points in setting the theme is to clarify "which field in business administration the problem or phenomenon you are studying corresponds to" and position it appropriately. If we do not do so, we will not be able to utilize the accumulation of existing similar research, and we will not be able to accurately describe the differences (= originality of our own research).
Management strategy theory, management organization theory, marketing, production management, supply chain management, R & D management, financial ratio analysis, corporate economics ... In my activities as a scholar, I have conducted various studies with comprehensive analysis based on multiple fields as one of my main stances. In the lectures, I have been in charge of many types of subjects that comprehensively cover various fields of business administration. Taking advantage of those experiences, while paying attention to the above points, we will provide guidance in "Project Exercise" to find out themes that are of great practical and academic significance.
If you are interested in my stance of guidance and the "project for next year" that I am in charge of, please refer to the various related contents posted on the personal website (URL below). Please refer.
https://www.taichikishimoto.work/pages/1416226/page_201711111110

Professor Yumi Ogose: Many of my seminars are about how to utilize "value-added information" in management and how to build an "innovative business model."
Since 2005, we have been teaching more than 130 students. The theme is broad and does not need to be related to intellectual property. Advanced technology, regional brands, animation, medical equipment, regional vegetable sales methods, unmanned stores, high school student entrepreneurship support, JAXA information management, etc. Every year, I am impressed by the appearance of students who pursue what they really want to research, search for research methods, and organize their research.
From the first half of this year, we are researching the offense and defense of companies such as Apple, Google, Microsoft, Nokia since 2000 and the movement toward Industry 4.0. I am keenly aware that "a stupid general is scarier than the enemy." This research result is being serialized in a newspaper related to the Ministry of Economy, Trade and Industry. Research is painful and difficult, but interesting.
In "Project Exercise", we will factorize the theme that the student is thinking and give a lecture on research methods and how to find research themes. In the "project", we will fully support you toward the goal of "completion of a good paper that you can understand". Let's study together.

Professor Hidehiko Aoki: Conducts thorough group discussions and individual guidance based on 31 years of US-Japan equity analyst experience and research results in the doctoral program at the Graduate School of Business Administration, Kobe University. The ultimate goal is to write a high-quality graduation paper, but in the process, we will seek to improve our perspective (CEO level) and expand our scope (learning from overseas and other industry cases). We plan to open the operation to encourage exchanges with other seminars and guests from off-campus.


Professor Hiroyuki Nitto: My basic policy are as follows.
1. The area covered by the faculty member is relatively broad, although it is centered on the marketing or B2C industries. We want to have various discussions in our projects, welcoming students with multiple specialties and backgrounds.
2. My experience in project management in this department is limited as this is my third year in the position. Based on the right organizational culture of MOT (e.g., the formation of a place where discussions can be held freely), I would like to make use of the accumulation and know-how of the professors to date while at the same time working with you to create a new methodology for project management.
3. We would like to systematically and efficiently manage projects, considering the circumstances of working students who do not have much time. For this purpose, I would like to incorporate know-how to increase the productivity of thesis writing.

Professor Satoshi Inoue: The lecturer will give a short story of his career and lectures based on the experience as a government policy maker more than 25 years.

準備学習・復習
Preparation and review
指導教官の指導方針に従うこと。


Follow the instruction of faculty members.
成績評価方法
Performance grading
policy
「グラデュエーションペーパー作成計画案」発表会(60%)、
「グラデュエーションペーパー作成計画書」(40%)

Presentation on "Graduation Paper Preparation Plan Draft" (60%),
"Graduation Paper Preparation Plan" (40%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
指導教官の指示に従うこと。

Follow the instruction of faculty members.
授業計画
Class plan
■夏期
学生がグループ(担任別)に分かれて、全員の専攻教員(但し来年度のプロジェクトを担当する予定のない教員は除く)の授業を受講することで、それぞれの教員の知見領域を理解する。

■秋期
グラデュエーションペーパー作成計画書作成に向けて骨格を組み立て、冬期に行う同計画書作成の準備を行う。秋期の8回の授業計画は、学生の希望をもとに専攻が指定した2名の教員がそれぞれ3回指導を行い、グラデュエーションペーパーのテーマ・作成計画の骨格を組み立て「グラデュエーションペーパー作成計画案」として、後半2回の講義枠においてその成果に係る発表会を行う。

■冬期
2年次に履修する「プロジェクト1」の開始時からグラデュエーションペーパー作成を可能とするために、「グラデュエーションペーパー作成計画案」の発表会での教員からのコメントを反映し、専攻が指定した1名の教員の指導により「グラデュエーションペーパー作成計画書」を作成する。
学生は、冬学期の終了時に指導教員に「グラデュエーションペーパー作成計画書」を提出し、専攻が指定する方法により、同計画書(修正可能)を専攻に提出する。

■Semester Summer
Students are divided into groups (by homeroom teacher) and attend classes taught by all faculty members in the department (except for those who are not scheduled to teach next year's project) to gain an understanding of each faculty member's area of expertise.

■Semester Fall
In this term, students are expected to prepare for the preparation of the "Graduation Paper Preparation Plan" .

Two faculty members, designated by the department based on the student's request, will give guidance three times in each and students will construct the framework of the theme and plan for the preparation of the gradation paper. This “Graduation Paper Preparation Plan Draft” will be presented in the last two class sessions.

■Semester Winter
In order to make it possible for students to prepare a Graduation Paper from the beginning of Project 1, which is taken in the second year, "Graduation Paper Preparation Plan" will be prepared under the guidance of one faculty member designated by the department, reflecting comments from faculty members at the presentation of the "Graduation Paper Preparation Plan Draft”.

The student will submit the "Graduation Paper Preparation Plan" to his/her supervisor at the end of the term, and submit the plan (which can be revised) to the department in the manner specified by the department.
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
青木英彦:青木 英彦:野村證券、ゴールドマン・サックス証券、メリルリンチ日本証券(小売業担当証券アナリスト)、経済産業省産業構造審議会流通部会委員、製・配・販連携協議会準備委員

生越由美:特許審査官・特許審判官(法務&技術)

加藤晃:経営企画部門、プロジェクトマネージャー及びグループ子会社社長(営業)等の経験があることから、経営企画・プロジェクトマネジメントの実践を授業する。

中山裕香子:野村総合研究所での研究員、コンサルタント(情報通信系、流通サービス系)としての勤務経験を活かした講義、指導を行う。

日戸浩之:野村総合研究所(NRI)でコンサルタントとして活動した実績を生かし、企業のマーケティング等の実務に即した講義、指導を行う。

宮永雅好:グローバルでのアセットマネジメント業務において、証券市場分析、企業の業績及び企業価値分析を20年経験し、その後は企業経営者に対して、経営、財務戦略に関するアドバイリー業務を約15年経験した。

若林秀樹:NRI(コンサルタント、リサーチャ、アナリスト)、JPモルガン(アナリスト、執行役員)、みずほ証券(アナリスト、執行役)、FWI(ヘッジファンド起業家、CEO,経営者、ファンドマネージャー)

岸本太一:特になし

石橋哲:日本長期信用銀行、CITIBANK、産業再生機構を経て、日本郵政顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局調査統括補佐、地域経済活性化支援機構プロフェッショナル・オフィス・シニアアドバイザー等。

井上悟志:経済産業省素材産業課革新素材室長、農林水産省農林水産技術会議事務局研究調整官、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構総務部長等

諏訪園 貞明:日本銀行調査統計局,国際局,発券局等において,景気・国際収支予測,国
際機関との連携等に係る作業に従事。その後、公正取引委員会,経済産業省,内閣府・内閣官房において,所管する法令の施行等に加え,それらの改正法案の企画・立案や,関係する
予算案の策定等の作業に従事したほか、TPPやRCEP等の二国間・多国間経済連携協定等の条文交渉に携わった。

Hidehiko Aoki:Analyst

Yumi Ogose: Patent examiner / patent trial examiner (legal & technology)

Akira Kato:
Teaching students practices about strategy and project management based on management planning dept., and subsidiary's president (sales) experience etc. 

Yukako Nakayama:
The lecture will draw on the experience working as a researcher and consultant (in the information and communication systems and distribution service sectors) at Nomura Research Institute.

Hiroyuki Nitto:
The lecturer will give lectures and provide guidance regarding business practices such as corporate marketing, by using experiences he gained as a consultant at Nomura Research Institute (NRI). 

Masayoshi Miyanaga:
As a specialist of global asset management business, I had 20 years of experience in securities market analysis, corporate managemant and corporate value analysis. After that, I has been advising corporate managment and financial strategies for about 15 years.
Hideki Wakabayashi: NRI(Analyst,Consulting),JPMorgan(Analyst, MD),Mizuho(Analyst, MD),FWI(CEO,Fundmanager)

Satoshi Ishibashi:
After stints at the Long-Term Credit Bank of Japan, CITIBANK, and Industrial Revitalization Corporation of Japan, he went on to the positions of Advisor of Japan Post, Investigation Team Deputy Leader in National Diet of Japan Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission (NAIIC) , and Professional Office Senior Advisor to Regional Economy Vitalization Corporation of Japan. 
  
Satoshi Inoue:
Director of Materials Innovation Office, METI, Senior Program Officer of Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council, MAFF, Director General of General Affairs Department, NEDO etc.

SUWAZONO Sadaaki :Engaged in activities related to forecasts of business climates and ba
lance of payments and cooperation with international organizations at the Bank of Japan's Research and Statistics Department, the International Department, and the Currency Issue Department, etc. Subsequently, in addition to implementing the laws and regulations under his charge, he was engaged in planning and drafting amendment bills and proposing the related budgets at the Fair Trade Commission, the Ministry of Economy, Trade and Industry, and the Cabinet Office and Cabinet Secretariat. He was also involved in the text negotiations of bilateral and multilateral economic partnership agreements such as the Japan-EU Economic Partnership Agreement, TPP, and RCEP.
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
※全教員が全回参加する。

* All faculty members participate in all rounds.
20MT023
CLOSE