実践ケーススタディ(秋)実践ケーススタディのシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
実践ケーススタディ 科目番号
Course number
88MTSEE603
科目名称(英語)
Course title(English)
MOT alumni case study
授業名称
Class name
実践ケーススタディ(秋)実践ケーススタディ
教員名 若林 秀樹,生越 由美,岸本 太一,宮永 雅好,日戸 浩之,中山 裕香子,石橋 哲,加藤 晃,青木 英彦,井上 悟志,諏訪園 貞明
Instructor
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester
曜日時限 金曜6限 金曜7限
Class hours
開講学科
Department
経営学研究科技術経営専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面型授業
概要
Descriptions
この科目は、将来の経営者CEO、CTO、専門性の高いCXO人材を目指す学生が、MOTのOBや
OGで、イノベーションや経営を実践している経営者、CTO、起業家をはじめ、各社で活躍している方から、その内容や修了後の学びについて、プレゼンを聞き、質疑応答を行い、その後、教員と学生でグループディスカッションも含めて行う授業である。イノベーションや経営のケーススタディ、あるいは、修了後のMOTの学びの生かし方について、MOTの先輩と議論することで、コア科目等で獲得した知識を確認し、それを実践、アドバイスも行える能力として定着させることを目的とする演習科目である。同時に、MOTの卒業生も、学生からの議論で、自らも学び、自らを見直すよい機会になる。そういう先輩との議論を通じ、学生が得るものは多い。

1回目は、イントロダクション、背景説明、2-6回はゲストを招聘、プレゼン、質疑、教員と学生による討論という構成、7-9回は個別発表。

In this course, students aiming for future CEOs, CTOs, highly specialized CXO talent, listen to lectures on leadership from senior executives engaged in business, CTO, senior technical officials, and entrepreneurs with Q&A sessions. After that, it is a class to discuss with faculty and students. This is an exercise course aimed at reviewing the knowledge gained in core subjects, understanding leadership deeply, and inernalizing what we have learned.
目的
Objectives
技術経営専攻は固有の目的を教育課程で実現するために起業家・CXO等の構成要素に則した8つの教育研究領域を置き、教育課程を「コア科目」、「基礎科目」、ジョブ・ターゲットをより具体化した3つの「トラック科目(E-MOT、イノベーター、アントレプレナー)」、「社会連携科目」及び目的に合致し入学した学生個別の到達目標を実現する「演習科目」に区分し、授業科目を重点的・効果的に配置している。

本科目は、演習科目であり、ディプロマ・ポリシーの1~7の力をつける。

MOTの卒業生で、新規事業を起こしたり、子会社などでトップとなったり、自らベンチャー企業を起こす他、MOTの学びを実践、多様な方面で、活躍している方から、MOTでの学びの生かされ方について知り、学び、自身もゲストにアドバイスも行える能力を身につける。1年次の必修コア科目で教育される知識が実務でどのように生かされているかを体得し知見と能力を身に付ける。併せて、グループディスカッションでのノウハウも体得する。

Department of Technology Management has established eight educational and research areas in line with the components of entrepreneurs and CXOs in order to realize the unique objectives of the curriculum. The curriculum is divided into "core subjects," "basic subjects," three "track subjects (E-MOT, Innovator, Entrepreneur)" that further specify job targets, "social collaboration subjects," and "seminar subjects" that meet the objectives and realize the achievement goals of individual students enrolled.

This course is an exercise course and will develop the skills from 1 to 7 of the Diploma Policy.

MOT graduates who start new businesses, become top executives in subsidiaries, start their own venture companies, or otherwise apply their MOT studies. This course is designed from the perspective of the inherent purpose of the program: to enable students to learn about the application of their MOT learning from those who are active in various fields, and to acquire the ability to give advice to guests. To learn how the knowledge taught in the required core courses in the first year is applied in practice, and to acquire knowledge and skills. In addition, students will acquire know-how in group discussions.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)
到達目標
Outcomes
1年次の科目として必修コア科目で教育される知識を活用して、さまざまなゲスト講師のリーダーシップやキャリアの発展など、MOTの学びにつき、分析、考え、アドバイスも行い、グループ又は全体でディスカッションできるようにする。

Students will analyze and evaluate the business models of various special lecturers by utilizing the knowledge educated in the compulsory core subjects of the first year. Students will also be able to discuss in group or as a whole.
履修上の注意
Course notes prerequisites
コロナ感染拡大につき、授業形式をZOOMのみに変更する場合がある

また、履修者数によっては、発表会を7~9回目とする。

7回目 10分×12名  10分×15名が上限に近い
8回目 10分×12名
9回目 10分×12名
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
-
その他(自由記述)
Other(Describe)
学生はMOTの先輩の活躍を知る機会を得る。

Students are able to gain serious discussion opportunities regarding leadership with executives who are active on the front lines of business.
準備学習・復習
Preparation and review
事前の指示に従いながら予習する。

Full-time faculty members and dedicated professors (excluding deputy full-time professors) who are in charge of the research area related to the theme of the lecture (hereinafter referred to as "theme professor") give students instructions about preparation etc. before the lecture.
成績評価方法
Performance grading
policy
「授業貢献」は、ディスカッションを中心に、講義中の質疑応答も考慮する。①理解度(ゲストのプレゼンなど)、②分析力、③応用(理解や分析を受け、自分事として、受け止め、自社や応用、相手にアドバイス、提案ができるか)、④議論のリード(ファシリテーター、グループディスカッション、コミュニケーション能力など)を基準に評価する。

「レポート」は、個別レポートを、(1)理解度、(2)ロジック、(3)分析や提案の独創性、(4)示唆性、(5)発表プレゼン力、などを基準に評価する。

採点は採点委員会にて採点する。
7週目、8週目に個別発表と最終レポート提出。そのテーマは、各回から選んでもいいし、比較して総括してもいいが、各回のゲストのプレゼンや質疑の内容を含んでいること。

配点バランスは、授業貢献(50% ケース各回10%×5回)、レポート(50%)

"Contribution to classes" will also be considered, focusing on discussions and question-and-answer during lecture. Evaluate based on ① degree of comprehension, ② degree of analysis, ③ communication skill (subjectivity), ④ leadership.

"Report", the group teacher scores the report. Evaluate based on (1) degree of comprehension, (2) logical thinking, (3) originality, (4) implication, (5) presentaion skill.

The final presentation report may be a selection from each session, or a comparison and summary, but it must include the content of the guest presentations and questions from each session.

Score balancing; Contribution to classes (50%), Report (50%)
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜指示する。

Faculty members will instruct the students as necessary.
授業計画
Class plan
【授業の形態】
理論講義:ケース講義:グループディスカッション:ゲスト:校外学習=0 : 0 : 40 : 60 : 0


1:イントロダクション
(1)ガイダンス
(2)教員分析
(3) ゲスト①予習
2:ゲストスピーカー①の講義
(1)プレゼンテーション
(2)質疑
(3)総括(レポート作成課題)
3:レポート発表講評・ゲスト②予習
(1)レポート発表・講評
(2)ゲスト②予習
4:ゲストスピーカー②の講義
(1)プレゼンテーション
(2)質疑
(3)総括(レポート作成課題)
5:レポート発表講評・グループ発表準備
(1)レポート発表・講評
(2)グループ発表準備#1
6:グループ発表
(1)グループ発表#1
(2)グループ発表準備#2
7:グループ発表
(1)グループ発表#2
(2)個人発表準備
8:個人発表(個別発表の持ち時間は履修者数により決定)

1: Introduction
(1) Guidance
(2) Teacher analysis
(3) Preparation for Guest (1)
2: Lecture by Guest Speaker (1)
(1) Presentation
(2) Questions
(3) Summary (report writing assignment)
3: Report presentation and critique / Preparation for Guest 2
(1) Report presentation and critique
(2) Preparation for Guest Speaker 2
4: Lecture by Guest Speaker 2
(1) Presentation
(2) Questions
(3) Summary (report writing assignment)
5: Review of report presentation, preparation for group presentation
(1) Report presentation and critique
(2) Preparation for group presentation #1
6: Group presentation
(1) Group presentation#1
(2)Preparation for group presentation #2
7: Group presentation
(1) Group presentation#2
(2)Preparation forIndividual presentations
8: Individual presentations (time for individual presentations will be determined by the number of students) 
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
生越由美:特許審査官・特許審判官(法務&技術)

日戸浩之:野村総合研究所(NRI)でコンサルタントとして活動した実績を生かし、企業のマーケティング等の実務に即した講義、指導を行う。

若林秀樹:NRI(コンサルタント、リサーチャ、アナリスト)、JPモルガン(アナリスト、執行役員)、みずほ証券(アナリスト、執行役)、FWI(ヘッジファンド起業家、CEO,経営者、ファンドマネージャー)


Yumi Ogose: Patent examiner / patent trial examiner (legal & technology)

Hiroyuki Nitto:
The lecturer will give lectures and provide guidance regarding business practices such as corporate marketing, by using experiences he gained as a consultant at Nomura Research Institute (NRI). 

Hideki Wakabayashi: NRI(Analyst,Consulting),JPMorgan(Analyst, MD),Mizuho(Analyst, MD),FWI(CEO,Fundmanager)
教育用ソフトウェア
Educational software
-
備考
Remarks
20MT003
CLOSE