フィンテック戦略(冬)フィンテック戦略のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
フィンテック戦略 科目番号
Course number
88MTMOT608
科目名称(英語)
Course title(English)
Fintech Strategy
授業名称
Class name
フィンテック戦略(冬)フィンテック戦略
教員名 田村 浩道,石橋 哲
Instructor Wakabayashi Hideki

Tamura Masamichi
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2nd semester 2020
曜日時限 水曜6限 水曜7限
Class hours Wednesday/ 6th & 7th
開講学科
Department
経営学研究科技術経営専攻
MOT, Graduate School of Management
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
-
単位
Course credit
2.0 授業の主な実施形態
Main class format
対面型授業
概要
Descriptions
近年、金融はITとの相乗効果で、仮想通貨、クラウドファンディングなど、多くの技術が登場してきた。この金融とITとの組合せによるイノベーションがフィンテックである。日銀によると、「FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけた様々な革新的な動きを指します。身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。米国では、FinTechという言葉は2000年代前半から使われていました。その後、リーマンショックや金融危機を経て、インターネットやスマートフォン、AI(Artificial Intelligence、人工知能)、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。(中略)これまで金融サービスが十分普及していなかった途上国や新興国でも、スマートフォンを活用した金融サービスが急速に広がる動きが進んで言います。さらに分散型台帳技術やブロックチェーンといった技術も登場しています。」としている。こうしたフィンテックについて最新の知識を得るだけでなく、これを企業戦略にどう応用するか、その社会への影響を考えることは不可欠であろう。
本講義では、フィンテックについて、その概要だけでなく、社会や企業への影響を学ぶ。

フィンテックを体験するため、ディーリングルームでブルンバーグを使って簡単な演習も行う。

In recent years, thanks to the synergy effect between finance and IT, various technologies, including virtual currency and crowdfunding, have emerged. FinTech is exactly the innovation based on the combination of finance and IT. According to the Bank of Japan, “FinTech is a coined word combining finance and technology that refers to various innovative movements that bring together financial services and information technology. Remittance of funds using a smartphone is one good example familiar to us. In the United States, the term FinTech has been in use since the early 2000s. After the collapse of Lehman Brothers and the subsequent financial crisis, new financial ventures that provide services using internet, smartphones, AI (Artificial Intelligence), big data, etc. newly emerged one after another. (Omitted) Even in developing countries and emerging countries where financial services have not yet fully penetrated, financial services using smartphones are growing rapidly. Other technologies, such as distributed ledger technology and blockchain, have also emerged." It is essential not only to gain the latest knowledge about FinTech, but also to consider how to apply it to company strategies and its impact on society.
In this course, students will study an overview of FinTech, as well as its impact on society and companies.
目的
Objectives
本科目は、トラック科目であり、ディプロマポリシーの1、2,3、5の力をつける。
本科目では、次世代起業家・CXOに不可欠なフィンテックについて広く理解し、講演やケースから事例を検証し、考察する。

This course is a track course and will build on the strengths of Diploma Policies 1, 2, 3, and 5.
In this course, students will gain a broad understanding of fintech, which is essential for the next generation of entrepreneurs and CXOs, and examine and discuss case studies from lectures and cases.
到達目標
Outcomes
フィンテックについて、金融政策や技術的な基礎を理解した上で、俯瞰的な理解の下、ブロックチェーン、仮想通貨など、最新の知識を得るだけでなく、社会への影響を考察し、企業戦略に応用する能力を養う。

Students will understand financial policy on FinTech and the basics of the technology from a birds-eye view, and will not only gain the latest knowledge such as blockchain, virtual currency, etc. but also cultivate the ability to consider its impact on society and to apply it to company strategy.
履修上の注意
Course notes prerequisites
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
あり
yes
小テストの実施
Quiz type test
なし
no
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
あり
yes
グループワーク
Group work
あり
yes
プレゼンテーション
Presentation
なし
no
反転授業
Flipped classroom
なし
No
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
レタス参照

Refer to LETUS
成績評価方法
Performance grading
policy
レポート・発表 70% 授業への貢献 30%

Report/Presentation 70% Contribution to class 30%
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
適宜、指示する

Instructions given as necessary.
授業計画
Class plan
各回 最初の1時間は講師によるプレゼン、次の1時間は質疑と討論、最後の1時間まとめ
In every class, 1st one hour is allocated to presentation by a lecturer, 2nd one hour to Q&A and discussion, and last one hour to writing a paper and wrap-up.

180分×8回
180minutes * 8times

【授業形態】
理論講義:ケース講義:グループディスカッション:ゲスト:校外学習=25:25:25:25:0  (%)  
Theory lecture: Case study lecture: Group discussion: Guest speaker: External study = 25:25:25:25:0 (%)

【授業計画(予定)】

11月16日 【導入】講義概要:イントロダクション 講義概要 
     「フィンテックの背後にある金融セクターの構造変化」(石橋)
     「クオンツとは」(田村)
     質疑+ディーリングルーム案内
11月23日 【ゲスト】フィンテック概要(金融当局の取組-日銀)
11月30日 【ゲスト】フィンテック戦略(金融当局の取組-金融庁)
12月7日 【ゲスト】フィンテック戦略(事業者の取組)
12月14日 【講義】クオンツ 金融工学の最前線
      田村先生:金融工学 ディーリングルーム演習説明
12月21日 【演習】ディーリングルーム ディーリングルーム 演習
1月11日 【演習】ディーリングルーム) ディーリングルーム 演習
1月18日 【総括】発表会


[Class Plan (Scheduled)]
November 23 [Guest] FinTech Overview (Initiatives by Financial Authorities - Bank of Japan)
November 30 【Guest】Fintech Strategy (Efforts by Financial Authorities - Financial Services Agency)
Dec. 7 [Guest] FinTech Strategy (Initiatives of Business Operators)
Dec. 14 [Lecture] Quant: Frontiers of Financial Engineering
      Prof. Tamura: Financial Engineering Explanation of Dealing Room Exercises
Dec. 21 [Seminar] Dealing Room Dealing Room Exercise
January 11 [Seminar] Dealing Room) Dealing Room Seminar
January 18 [Wrap-up] Presentation
教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
田村 浩道:
過去30年間にわたって株式を中心としたリスクアセットのリサーチ業務に従事。野村證券ではマネージングディレクターとして、クオンツリサーチ部長、チーフストラテジスト、マーケットデータサイエンティストなどを歴任。1999年から2000年までUCLAアンダーソンスクールにて客員研究員。現在、インデックスベンダーであるFTSE Russellにおいて、アジア・パシフィックのインベストメントリサーチヘッドを務める。また、2020年より証券アナリストジャーナルの編集委員に就任。

石橋 哲:
日本長期信用銀行、CITIBANK、産業再生機構を経て、日本郵政顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局調査統括補佐、地域経済活性化支援機構プロフェッショナル・オフィス・シニアアドバイザー等。


Hiromichi Tamura:
Hiromichi Tamura is the Head of Investment Research, Asia Pacific at FTSE Russell, where he leads the investment research and development of indexes, the creation of index related materials within the Asia-Pacific region, and the deepening of client engagement.
Hiromichi joined FTSE Russell in 2018, and he was previously Managing Director at Nomura Securities Co., Ltd, where he held a range of positions, including Chief Strategist, Head of Equity Quantitative Research, and Market Data Scientist over a period of 30 years.
He had been a visiting scholar at UCLA Anderson School in 2000, where he submitted the research paper, “Individual-Analyst Characteristics and Forecast Error,” (Financial Analysts Journal, July/August 2002).
He is an editorial board member of Security Analyst Journal, Japan.

Satoshi Ishibashi:
After stints at the Long-Term Credit Bank of Japan, CITIBANK, and Industrial Revitalization Corporation of Japan, he went on to the positions of Advisor of Japan Post, Investigation Team Deputy Leader in National Diet of Japan Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission (NAIIC) , and Professional Office Senior Advisor to Regional Economy Vitalization Corporation of Japan.

教育用ソフトウェア
Educational software
ブルンバーグ
備考
Remarks
ゲストスピーカーについては、決まり次第通知する。
 
For guest speakers, faculty members will notify if decided.
18MT105
CLOSE