コンプライアンス・リスク管理論(秋前)コンプライアンス・リスク管理論のシラバス情報

科目名称
Course title(Japanese)
コンプライアンス・リスク管理論 科目番号
Course number
88MTMOT513
科目名称(英語)
Course title(English)
Compliance and Risk Management Theory
授業名称
Class name
コンプライアンス・リスク管理論(秋前)コンプライアンス・リスク管理論
教員名 石橋 哲,諏訪園 貞明
Instructor Satoshi Ishibashi
開講年度学期 2022年度 後期
Year/Semester 2nd Semester, AY2022
曜日時限 土曜4限
Class hours 土曜日3時限・4時限
開講学科
Department
経営学研究科技術経営専攻
外国語のみの科目
(使用言語)
Course in only foreign
languages (languages)
Department of Management of Technology (MOT), Graduate School of Management

単位
Course credit
1.0 授業の主な実施形態
Main class format
ハイフレックス型授業/Hybrid-Flexible format
概要
Descriptions
社会的存在としての企業・組織の経営・運営にあたっては、コンプライアンスとリスクに対する認識、その適切な運営が重要である。本科目では、参加者の事前学習を前提に、企業組織の経営・運営をめぐるコンプライアンス・リスク管理の諸課題が如実に表れる局面におけて、CXOとしての在り方について考える。

In the management and operation of companies and organizations as social entities, it is important to be aware of compliance and risk and to manage them appropriately. In this course, based on the premise of prior learning by the participants, we will consider how to be a CXO at a time when various compliance and risk management issues surrounding the management and operation of corporate organizations are becoming apparent.
目的
Objectives
技術経営専攻は、固有の目的を教育課程で実現するために起業家・CXO等の構成要素に則した8つの教育研究領域を置き、教育課程を「コア科目」、「基礎科目」、ジョブ・ターゲットをより具体化した3つの「トラック科目(E-MOT、イノベーター、アントレプレナー)」、「社会連携科目」及び目的に合致し入学した学生個別の到達目標を実現する「演習科目」に区分し、授業科目を重点的・効果的に配置している。

本科目は、コア科目であり、ディプロマポリシーの6,7の力をつける。

本科目は企業組織の経営人財として、求められるコンプライアンス、その背景にあるリスク管理の考え方、背景、課題についての概観を把握し、「CXO」候補たる経営人財として、様々な諸課題を、リスク管理・コンプライアンスの観点から捉えなおし、高い倫理観を有するリーダーとして正対する視座を獲得することを目指す。


Department of Technology Management has eight education and research areas in line with the components of entrepreneurs and CXOs in order to realize the unique objectives of the curriculum. The curriculum is divided into "core subjects," "basic subjects," three "track subjects (E-MOT, Innovator, and Entrepreneur)" with more specific job targets, "social collaboration subjects," and "seminar subjects" that meet the objectives and realize the achievement goals of individual students enrolled.

This course is a core course and will develop the skills of 6 and 7 of the Diploma Policy.

This course provides an overview of the concept, background, and issues of compliance and risk management that are required of management personnel in business organizations, and enables them to reassess various issues from the perspective of risk management and compliance as management personnel who are candidates for "CXO" and have a high sense of ethics. The goal is to gain a positive perspective as a leader.
到達目標
Outcomes
コンプライアンス、その背景にあるリスク管理の考え方、背景、課題についての概観を把握し、様々な諸課題を、リスク管理・コンプライアンスの観点から捉えなおすことができる視座を得る。


Students will grasp an overview of the compliance and the approaches, background, and issues concerning risk management behind it, and review various issues from the perspective of compliance and risk management.
履修上の注意
Course notes prerequisites
内容を一部変更する場合もあり。

Content is partly subject to change.
アクティブ・ラーニング科目
Teaching type(Active Learning)
課題に対する作文
Essay
小テストの実施
Quiz type test
-
ディベート・ディスカッション
Debate/Discussion
グループワーク
Group work
〇 
プレゼンテーション
Presentation
反転授業
Flipped classroom
その他(自由記述)
Other(Describe)
-
準備学習・復習
Preparation and review
成績評価方法
Performance grading
policy
レポート50% 授業への貢献度50%

Report 50% Contribution to class 50%
学修成果の評価
Evaluation of academic
achievement
・S:到達目標を十分に達成し、極めて優秀な成果を収めている
・A:到達目標を十分に達成している
・B:到達目標を達成している
・C:到達目標を最低限達成している
・D:到達目標を達成していない
・-:学修成果の評価を判断する要件を欠格している

・S:Achieved outcomes, excellent result
・A:Achieved outcomes, good result
・B:Achieved outcomes
・C:Minimally achieved outcomes
・D:Did not achieve outcomes
・-:Failed to meet even the minimal requirements for evaluation
教科書
Textbooks/Readings
・教科書を使用する場合は、MyKiTS(教科書販売サイト)から検索・購入可能ですので以下のURLにアクセスしてください。
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
 
・Search and purchase the necessary textbooks from MyKiTS (textbook sales site) with the link below.
https://gomykits.kinokuniya.co.jp/tokyorika/
参考書・その他資料
Reference and other materials
必要に応じてLETUSに講義資料を掲載する。

<参考>
ビジネス常識としての法律<第2版>(堀龍兒・淵邊義彦)日経文庫・2017年・ISBN-10: 4532113849

取締役としての法律知識<第3版>(中島茂)日経文庫・2015年・ISBN:978-4-532-11331-5


Lecture hand-outs will be posted on LETUS as required.

<References>
 Bijinesu Joshiki to shite no Horitsu [Laws as Business Common Sense], 2nd edition, by Ryuji Hori and Yoshihiko Fuchibe, Nikkei Bunko 2017, ISBN-10: 4532113849
 Torishimariyaku to shite no Horitsu Chishiki [Legal Knowledge for Board Members] , 3rd edition, by Shigeru Nakajima, Nikkei Bunko 2015, ISBN: 978-4-532-11331-5
授業計画
Class plan
【授業形態】
理論講義:ケース講義:グループディスカッション:ゲスト:校外学習=20:40:40:0:0(%)  

【授業計画】

1 【導入】イントロダクションとケース①
・CXOとしてコンプライアンスとリスクマネジメント、倫理の関係について概観
・ケース①(最近に話題となった事例における諸課題を想定)を概観し、レポート課題

2 【ケース①⇒②】
・ケース①課題に対するコメントとディスカッション
・ケース②(1998年の日本長期信用銀行破綻を巡る諸課題を想定)を概観し、レポート課題

3 【ケース②⇒③】
・ケース②課題に対するコメントとディスカッション
・ケース③(東京電力における福島原発事故時のコンプライアンス/リスクマネジメントを想定)を概観し、レポート課題。

4 【ケース③⇒④、総括】
・ケース③課題に対するコメントとディスカッション
・ケース④(国会福島原発事故調査委員会における規制当局責任者との質疑)を概観し、レポート課題。
・総括

1 [Introduction and Case 1]
・Overview and discussion of compliance, risk management and ethics as a CXO candidate
・Overview of Case 1 (assuming various issues in a recently discussed case).
・Required to make a report on Case 1 as an assignment by the next session.

2 [Case 1 ⇒ 2]
・Comments and discussion on the reports on CASE1
・Overview of Case 2 (assuming various issues surrounding The Long-Term Credit Bank of Japan in 1998).
・Required to make a report on Case 2 as an assignment
by the next session.

3 [Case 2] ⇒ [Case 3]
・Comments and discussion on the reports on Case 2
・Case 3 (Q&A by the regulator at the Diet's Fukushima Nuclear Accident Investigation Commission).
・Required to make a report on Case 3 as an assignment by the next session.

4 [Cases 3 to 4, Summary]
・Comments and discussion on the reports on Case 3
・Case 4 (assuming compliance/risk management at the time of the Fukushima nuclear power plant accident at TEPCO) is outlined.
・Required to make a report on Case 4 as an assignment
・Summary


教職課程
Teacher-training course
実務経験
Practical experience
石橋 哲(主担当)
日本長期信用銀行、CITIBANK、産業再生機構を経て、日本郵政顧問、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)事務局調査統括補佐、地域経済活性化支援機構プロフェッショナル・オフィス・シニアアドバイザー等。


諏訪園貞明(副担当)
日本銀行調査統計局,国際局,発券局等において,景気・国際収支予測,国際機関との連携等に係る作業に従事。その後、公正取引委員会,経済産業省,内閣府・内閣官房において,日EU経済連携協定,TPP,RCEP等の二国間・多国間経済連携協定等の条文交渉に実際に携わったほか,関係する国際機関との連携に係る作業に従事,また,所管する法令の施行等に加え,それらの改正法案の企画・立案や,関係する予算案の策定等の作業に従事。


Satoshi Ishibashi:
After stints at the Long-Term Credit Bank of Japan, CITIBANK, and Industrial Revitalization Corporation of Japan, he went on to the positions of Advisor of Japan Post, Investigation Team Deputy Leader in National Diet of Japan Fukushima Nuclear Accident Independent Investigation Commission (NAIIC) , and Professional Office Senior Advisor to Regional Economy Vitalization Corporation of Japan.

Mr. Suwazono has worked in the Research and Statistics Department of the Bank of Japan, the International Bureau, and the Securities and Exchange Bureau, where he was involved in economic forecasting, balance of payments forecasting, and cooperation with international organizations.He was also involved in the implementation of laws and regulations under his jurisdiction, as well as in the planning and drafting of amendments to such laws and regulations, and the formulation of related budget proposals.
教育用ソフトウェア
Educational software
なし
備考
Remarks
18MT100
CLOSE