Top


オオコシ カズキ
大越 一輝  助教
東京理科大学 薬学部 薬学科
プロフィール | 研究シーズ | 担当授業(9件)
レフェリー付学術論文(2件) | 学会発表(17件)
グループ その他
その他 : 医薬
研究・技術キーワード 生薬学、天然物化学、成分間相互作用
研究・技術テーマ
  • 漢方薬の煎抽出過程における成分間相互作用解析
研究・技術内容 漢方薬は、多数の成分を含有する生薬を複数配合した多成分系の医薬品である。漢方処方を構成する生薬の煎抽出過程では、多くの生薬由来成分がエキス中で共存するため、成分間で相互作用が起こりうる。その相互作用の中には、漢方薬の薬効に寄与する成分の抽出効率に影響を与えているものがある。生薬の成分分離と相互作用の評価系を組み合わせることで、相互作用に関わる成分を特定し、また、メカニズムを明らかにすることで、漢方処方構成の意義を成分レベルで明らかにすることを目標としている。
産業への利用
可能な産学連携形態
具体的な産学連携形態内容
その他所属研究機関
所属研究室
所有研究装置
SDGs
CLOSE