Top


カワイ タケシ
河合 武司  教授
東京理科大学 工学部 工業化学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(22件)
レフェリー付学術論文(184件) | レフェリー付プロシーディングス(8件) | その他著作(44件) | 著書(20件) | 学会発表(1001件) | 特許(1件)
研究室名 河合研究室
トピックス

専攻分野 物理化学、界面化学
研究分野 機能性材料、ナノテクノロジー
紹介

表面を有機化合物で修飾したナノサイズの金属や半導体粒子は量子サイズ効果や極めて大きな表面積による表面効果などにより新しい機能を示します。これらのナノ粒子は次世代の記録媒体、触媒、高機能ドラッグデリバリー材料、ナノインテリジェント材料等に応用できます。本研究室では、最新のナノ技術を駆使して、表面・内部にさまざまな細工を施したナノ粒子や形態制御したナノ粒子などの作製法を開拓し、高性能ナノ触媒・発光材料・透明導電性材料・メタマテリアルなどを開発しています。また水素結合などの比較的弱い相互作用を主体にしたソフトマテリアル材料として、低温で液体・高温で固体になる材料、特定の温度領域で発色する材料、液体の形状メモリー材料などの開発も行っています。

研究テーマ
  1. ナノ粒子の超微細ナノ加工技術の開発

  2. 極細金ナノワイヤーの合成と高機能触媒の開発

  3. 温度と磁気で制御できる液体形状メモリーの開発

CLOSE