Top


イリヤマ サトシ
入山 聖史  准教授
東京理科大学 理工学部 情報科学科
プロフィール | 研究シーズ | 研究室紹介 | 担当授業(23件)
レフェリー付学術論文(15件) | レフェリー付プロシーディングス(16件) | その他著作(25件) | 著書(2件) | 学会発表(118件)
グループ IT
研究・技術キーワード 量子情報、量子アルゴリズム、暗号理論
研究・技術テーマ
  • 量子アルゴリズム、量子チューリング機械、量子誤り訂正
  • 暗号理論、共通鍵暗号、擬似乱数、公開鍵共有
研究・技術内容 (1)量子アルゴリズムの計算の複雑さ 量子力学を原理としたアルゴリズムの研究を行っています。 ・NP問題についての多項式時間量子アルゴリズムの開発 ・量子チューリング機械の数学的定式化 ・NP-hardに属する探索問題について多項式時間量子アルゴリズムの開発 (2)非可換代数を基にした暗号 新しい原理に基づいた暗号理論の研究を行っています。 ・従来を上回る速度、安全性の共通鍵暗号の開発 ・効率のよい公開鍵共有の研究
産業への利用 (1)量子コンピュータの開発 ユニタリ計算だけでなく、観測過程や確率増幅過程も含んだ包括的な量子コンピュータの設計を行っています。 (2)新しい暗号の実用化 標準化へ向けて、速度や安全性の検証を進めています。共同研究や製品開発を行うパートナーを探しています。 (3)暗号化したまま照合を行う新しい認証技術について、実用化と製品開発を行うパートナーを探しています。
可能な産学連携形態 共同研究、受託研究員受入、受託研究、技術相談および指導、国際的な産学連携への対応
具体的な産学連携形態内容 ・非可換代数を基にした高速・安全・軽量暗号、STARCワークショップ2013、新横浜国際ホテル、9/12, 2013 ・Fast encryption and key agreement,台北国際展示会,台北世貿1館,9/27, 2013 ・Fast, Secure and Light Cryptography, Leading Edge Innovations 2014, NestGSV, Inc, 3/11, 2014 ・究極の安全性と高速化を実現した画期的な新暗号方式を開発、日経産業新聞、8/28, 2013 ・情報セキュリティEXPO, 東京ビッグサイト, 5/8-5/10, 2013 ・非可換代数を用いた高速で安全なストリーム暗号と公開鍵共有、イノベーション・ジャパン2013、東京ビッグサイト、8/29-30, 2013 ・特許出願番号2012-084113, 非可換代数を基にした高速で安全なストリーム暗号方式, 4/2, 2012 ・特許出願番号2012-151835, 非可換代数を基にした安全で鍵生成が速い公開鍵暗号方式, 7/5, 2012
その他所属研究機関 再生医療とDDSの融合研究部門
所属研究室 入山研究室
所有研究装置
CLOSE