片岡 智哉 カタオカ トモヤ KATAOKA Tomoya 助教

理工学部 土木工学科

水理研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 水工学
  • 研究分野: 海岸工学・河川工学

 水は川から海に流れ,海で蒸発して空に上がり,再び雨により川に戻ります.陸と海の境界に位置する沿岸域は,この大きな水循環におけるほんの一部に過ぎませんが,生態系の豊かな場であると同時に,人間生活を津波等の災害から守るための重要な場です.そこで,こうした沿岸域をフィールドに環境,防災・減災に関わる研究を行っております.
 沿岸域の環境に関しては,近年深刻化しているプラスチック製ゴミに起因する海洋環境汚染(海洋プラスチック汚染)に関する研究を行っております.特に海洋プラスチックの多くが陸域から河川を通じて流出していることから河川における大きさ5mm以下のプラスチック(マイクロプラスチック)の汚染実態の解明に取り組んでいます.また沿岸域の防災・減災に関しては,沿岸域における代表的な水害である高潮,津波や河川氾濫に関する研究にも取り組んでいます.例えば,高潮や津波による被害を最小限にとどめるためには,海面変動の監視と早期検知が望まれます.そこで,陸上から海面における流況・波浪を面的に観測可能な短波海洋レーダを活用した波浪・津波監視システムの検討を行っています.また,近年頻発する河川氾濫に対して国内での長期・多地点で観測された水位・雨量データを用いた洪水リスクの長期変動トレンドに関する研究も行っております.

研究テーマ

  1. 河川におけるマイクロプラスチックの汚染実態の解明

  2. 短波海洋レーダを用いた波浪計測技術の開発

  3. 長期・多地点観測データを用いた洪水リスクの長期変動トレンド解析

トピックス

河川におけるマイクロプラスチック汚染,短波海洋レーダによる波浪計測,洪水リスクの長期トレンド

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ