研究機器センター RESEARCH

MESSAGE センター長挨拶

技術革新の推進役として、
機器・装置のさらなる強化とサービス向上に取り組む。

2006年10月機器センター(旧)の発展的改組により、総合研究機構技術部研究機器センターに生まれ変わって改革が進められてきましたが、まだこなしていかなければいけない課題もあります。

技術革新の推進役となる機器・装置は、先端研究には不可欠であり、大学の重要な研究資源です。研究機器センターの設置目的を達成し、本学の研究体制のいっそうの強化を図るために、研究機器センターではさらに先端機器の確保と効率的運用、有効運用の推進、学内研究者へのサービス向上等を進めて行きます。

人物写真
研究機器センター長
(理工学部 先端化学科) 
郡司 天博
プロフィール

目的

施設・設備・装置の効率的運用を行い、研究体制の強化を図る

常任幹事会では数回にわたり改善・改革の計画・実施の具体的方法について慎重かつ活発に議論し、研究機器センターとしての結論を「東京理科大学における研究環境の格段の強化に向けて(東京理科大学総合研究機構 研究機器センター改革報告書)」(2007年10月4日)としてまとめました。研究機器センターの達成すべき目的は概ね以下の8項目に集約されます。

  1. 本学研究体制の強化
  2. 先端機器の確保と有効利用による研究環境の構築
  3. 研究体制の一元化
  4. 施設・設備・装置の効率的運用
  5. 学内研究資源の効率的利用
  6. 全学の意志を反映した機器の管理運営
  7. 所管設備等の運用の管轄、整備、保守、管理
  8. 全学的視野で、将来を見据えた戦略的機器の導入

センターに登録されている装置(2021年1月現在)

質量分析装置 14台
NMR等の(核)磁気共鳴装置 14台
X線解析装置 12台
蛍光X線分析装置 4台
走査型電子顕微鏡 5台
透過型電子顕微鏡 4台
原子間力顕微鏡 5台
レーザーシステム 2台
分光光度計 10台
その他(分析設備等) 11台
その他(生体材料解析装置) 21台
その他(特殊な測定システム) 11台
ユーティリティ関連設備 4台