生命医科学研究所 RESEARCH

MESSAGE 所長挨拶

私たちのミッションは
いのちの根源を明らかにするとともに
健やかで活動的な人々の暮らしを支え
生命科学・医学の発展に貢献することです。

東京理科大学生命科学研究所は1989年、生命科学を基礎とした産学協同研究拠点として設立され、本学の生命科学研究開発拠点の役割を果たしてきました。

1995年には、日本免度学の中興の祖である多田富雄博士を所長として迎え、免疫学を中心とした研究所に大きく変貌し、国際研究拠点としての体制を整え活動を続けてきました。この間、学間の急速な進歩により、分子レベルでのメカニズムの解明が、新しい疾患概念、診断法、治療法に結びつく時代となり、時代の要請にも合わせて、2012年には臨床研究部門を新たに設置し、研究所名を生命医科学研究所と改称し、医療への挑戦を明確な目標として打ち立てました。

2009年度の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業が採択されたことにより、がん医療基盤学技術研究センターが設置され、生命医科学研究所は、薬学部、理工学部、基礎工学部(2021年4月より先進工学部)と強く連携し、学内医理工連携研究の中心的な役割を果たしてきました。また、全学的な共同研究を一層進めるためヒト疾患モデル研究センターの設立と運営を行ってきましたが、これらの活動を通じ、学内の生命科学・医学の基礎的研究から応用研究まで幅広い研究のハブ的役割も担ってきました。さらに、学外の医療機関、大学、研究所との共同研究体制、実用化促進を目的とした産業界との連携を強化してきました。2018年4月には、医療技術・機器開発部門(2020年4月より医療機器材科開発部門と改称)を新たに設置し、学内の併任教員の発令、学外からの医療系客員教員の招聘とともに、困立がん研究センターとのクロスアボイントメント制を活用した医機器開発拠点を、国立がん研究センター先端医療開発センターに設置し、共同運営を開始しました。さらなる共同研究や他機関との連携の深化のために、2020年4月よリ共同研究部門を融合研究推進部門と改称する等、ますます活発に活動しています。

免疫学中心の研究活動に加えて、学内の多くの研究者との連携の下に、発生学、神経学、炎症の基礎的研究から、がんや難病など幅広い医学研究、臨床応用を日指すトランスレーショナルリサーチを推進しています。加えて、産業界等からの大型外部資金の導入による研究力の飛躍的向上を目指し、2018年4月から新たに炎症・免疫難病制御部門を設置し、この分野で大きな業績を上げ、さらに実用化のための臨床研究を推進しているグループを招聘しました。このように、近年の生命医科学研究所は目覚ましい変化と発展を遂げています。

生命医科学研究所はこれらの体勢のもと、自ら幅広い生命・医療に関する基礎的・応用的研究を学内共同研究により推進するとともに、学内の叡智と研究成果を医療に社会実装するハブの役割を果たすため、広い範用の多様な優れた基礎生物学・医学研究者の陣容を擁する研究所を構築し、生命に対する畏敬の念と病に告しむ人への慈しみの心を持って研究を進めて行きたいと考えています。

生命医科学研究所 所長
生命医科学研究所 所長 樋上 賀一
プロフィール

研究部門・教員一覧

様々な感染症やアレルギーなどに関わる免疫細胞の成り立ちや機能を解明することを目指しています。免疫細胞の発生・再生・老化・がん化のメカニズムを細胞・分子レベルで解明し、新しい細胞療法や再生医療の開発につなげることを目標にしています。

教員一覧

がん細胞は正常細胞が遺伝子変異により異常増殖やストレス抵抗性、浸潤・転移能などを獲得して形質転化したものです。また、腫瘍組織ではがん細胞が周辺の免疫細胞、線維芽細胞、内皮細胞らと相互に作用し、精緻な多細胞ネットワークが構成されます。がん生物学部門では、そのような異常ー正常細胞社会に関わる細胞の増殖、分化と遺伝子制御、代謝機構等のメカニズムを解明することを目的としています。

先端イメージング技術や生物物理学的ツールを駆使して、軸索伸長/再生、神経恒常性、T細胞受容体によるペプチド認識などの生命現象の根底にある分子メカニズムを明らかにすること、及び、それらを通じて神経系や免疫系を動的システムとして理解することを目的としています。

発生から死という生命の時間軸各段階における生命現象の変化と機構を、生体分子、ゲノム、RNA、タンパク質、細胞、組織、生体とミクロ~マクロの各階層から理解し、解析と制御の新技術開発に取り組んでいます。

感染症・自己免疫性の難治性疾患・アレルギーに関わる「免疫」のメカニズムを分子・遺伝子レベルで解明します。抗体産生・免疫性炎症のメカニズムに焦点をあて、新しいワクチンの開発や創薬を目指します。

炎症・免疫難病、とりわけ慢性炎症に伴う臓器線維化とがんに関する基礎研究とそれに基づく臨床開発研究に取り組んでいます。

実験動物学分野の教育・研究を推進するために2008年度に開設された新しい部門です。自己免疫やアレルギーに関わると考えられる、サイトカインやC型レクチン遺伝子改変動物を作成しそれらの分子の役割の解明に取り組んでいます。

ヒトの能力を超えた医療機器 "hyper-assisted medical devices" を開発するために、国立がん研究センター東病院 NEXT医療機器開発センターにおいて、臨床医とともに共同で、研究・開発を進めています。

学内の他学部、他の研究機関、および産業界と連携して、分野横断的な高度な共同研究を促進しています。

  • 技術員 原 泰志

お問い合わせ先

生命医科学研究所

〒278-0022 千葉県野田市山崎2669
TEL.04-7121-4033 FAX.04-7121-4039