News新着情報

四反田功准教授が分担執筆した「酵素トランスデューサーと酵素技術展開」がシーエムシー出版より出版されました

2020.05.13

酵素トランスデューサーと酵素技術展開
-酵素センサ&バイオ電池,そして酵素処理応用(食品,医薬,修復)-

Enzyme Transducers and Evolutions of Enzymatic Technology
―Enzyme Sensors, Bio Batteries and Novel Enzymatic Approaches (Food, Medicine, Restoring) ―

監修    : 三林浩二
発行日   : 2020年3月11日
体裁    : B5判、304頁
ISBNコード: 978-4-7813-1488-4

四反田准教授執筆:P125-135、P144-152

■第13章 印刷によるウェアラブルバイオ燃料電池(P125-135)
1 はじめに
2 印刷技術について
3 紙基板型バイオ燃料電池
4 おむつに搭載する自己駆動型グルコースセンサ(おむつ電池)
5 汗中の乳酸を用いた自己駆動型ウェアラブルデバイス
6 おわりに

シーエムシー出版サイトは詳細はこちら