News新着情報

スペース・コロニー研究開発コンソーシアム

2020.01.22

人類のフロンティアである宇宙や海洋等の開発に不可欠な極限的な閉鎖環境において人間が長期間滞在するために必要な技術の研究開発を産学官の連携によるオープンイノベイションで実現するための場として、スペース・コロニー研究開発コンソーシアムを設立しました。

■目的及び趣旨
本コンソーシアムは、将来的には宇宙で利活用が可能で、地上においても有用な技術の高度化を実現することで、我が国の国土強靭化、食糧問題の解決、経済の活性化に貢献することを目的とし、活動を進めています。

■会員の特典
1⃣法人会員は研究会設立、教員会員との個別討議、東京理科大学スペース・コロニー研究センターとの共同研究等を提案できます。

【スペース・コロニー研究センター教員会員と研究内容】

スペース・コロニー研究センター教員会員の研究内容詳細はこちら

2⃣講演会およびワークショップ等(年に最低4回)に参加できます。法人会員は一つの申し込みに対し最大5名参加させることができます。

■入会案内と規約

スペース・コロニー研究開発コンソーシアム入会案内と規約

■入会申込書

スペース・コロニー研究開発コンソーシアム入会申込書

■お問い合わせ

問合せフォームはこちら

【講演会】

2019年度

第8回 2020年3月10日開催予定
第7回

11月1日

Results and perspectives on the investigation of the behavior of liquid interfaces, foams and emulsions under weightlessness conditions
 Prof. Libero Liggieri(CNR-Institute of Condensed Matter Chemistry and Energy Technologies)
Dynamics and ageing of emulsions
 Prof. Luigi Cristofolini (University of Parma)
CFD simulation of a model bubbly emulsionBreak
 Prof. Mickael Antoni (Aix-Marseille Unversite CNRS MADIREL)
Surface properties and foamability of saponin and saponin-chitosan systems
 Prof. Francesca Ravera (CNR-Instuitute of Condensed Matter Chemistry and Energy Technologies)
Overview of the Space Experiments on International Space Station
 Dr. Makoto Natsuizaka (JAXA)
Dynamics of Colloidal Dispersion under Quasi-microgravityBreak
 Prof. Yuji Yamashita (Chiba Institute of Technology)
An Open Knowledge Network for Correlating Complex MaterialsPerformance to Quantum Chemistry: MPrint OKN
 Prof. James Ferri (Virginia Commonwealth University)
Development of Wearable Sensors and Biofuel Cells for Space Application
 Prof. Isao Shitanda (Space Colony Research Center, TUS)
第6回

7月24日

特別講演「Space architecture studies for advancing human spaceflight」
 Sasagawa International Center for Space Architecture (SICSA)University of Houston
Prof. Olga Bannova-
「植物工場を用いた月面食料生産基地」
 千葉大学大学院 園芸学研究科 後藤 英司 教授
「無重力による筋萎縮の分子メカニズムとその栄養学的治療法」
 徳島大学 宇宙栄養研究センター 二川 健 教授
「Space Food X 」
 リアルテックファンド 業務執行役グロースマネージャーSpace Food X代表 小正 瑞季 様
第5回

6月11日

「日本の宇宙探査 過去・現在・未来」
 JAXA  久保田孝教授

 

2018年度

第4回 「月の基礎と月の縦穴・地下空洞」
 JAXA 春山 純一 先生
第3回 「有人宇宙探査とサイエンス~宇宙環境利用、宇宙居住への応用~」
 JAXA 稲富 裕光 教授
第2回 有人宇宙戦略とインフラについて
 「今後の宇宙探査における民間企業としての役割
  JAMSS宇宙事業部長 中山 祐一 様
 「地上でのフィールドロボットを月で活かす -月のビジネスプラットフォーム構想-」
  Robizy事務局長 伊藤 デイビッド 拓史 様
第1回 「有人宇宙環境と安全性について」
 アジア工科大学教授中村泰先生