研究室のメンバーと共に自然豊かなキャンパスで学ぶ

#野田キャンパス#ボードゲーム#芝生広場でのんびり#アルバイト
Profile
藤井貴大さん理工学部経営工学科4年

※所属学科、学年は取材当時のものです

藤井さんのとある1日

今日は卒業研究のため、大学の研究室へ行く。理工学部のある野田キャンパスは、自然の中で勉強ができるとても良い環境。キャンパス内に芝生のある中庭やグランドがあり、カブトムシがいるほど自然が豊か。都心のキャンパスと比べて広々しているのも魅力だ。
今は4年生だが、コロナの影響で大学に行けるのは週2回くらい。ほとんどの授業はオンラインで実施されている。卒業研究は自分で計画を立てて進めるため、今朝は教授と今後の進め方について相談するために、8時に大学に到着した。今日は教授から参考になりそうな論文を教えてもらい、4年間の集大成として、卒業論文をどうまとめるかを検討している。
ミーティングを終えて研究室に戻ると、すでに同じ研究室のメンバーが集まっていて、ボードゲームの真っ最中。所属している石垣研究室は学部生から大学院生まで所属していて、みんな仲がいい。研究の合間の息抜きにボードゲームで遊ぶこともある。「遊ぶ」と言っても、ボードゲームはれっきとした授業の教材。自分の持っている資源をどのようなタイミングで投資するかという拡大再生産型のゲームが、金融工学の意思決定論の授業で活用されている。ボードゲームで「遊ぶ」ことで、どういうタイミングで投資するか、相手の戦略をどう読むか、どう交渉するかなど、企業活動を疑似体験することができる。さらに、ゲームで勝つためには広い視野でものを見る必要がある。これが結構楽しくて、自分で言うのも何だがゲームの勝率は高い方だと思う。複数人で行うので、自然とコミュニケーション能力が身につくのもボードゲームの魅力だ。

ボードゲームでリフレッシュした後は、必修の経営工学演習の授業を受けてから昼食。キャンパス内には学食のほかにオシャレなカフェもあるが、友達と研究室で話しながら昼食をとるのがいつものパターン。たまには中庭でキャッチボールやフリスビーをすることもある。気の置けない仲間たちとリフレッシュする時間も大切だ。
今日は午後から授業アシスタント業務があるので授業実施教室へ向かう。アシスタント業務では、受講学生のサポートを行う。自分は週に何度かアシスタントに入っている。授業の内容は、パーツを組み立ててロボットを作るというもので、部品を素早く効率よく組み立てるための実験を行う。受講学生は、パーツを種類ごとに選別し、スムーズに手を動かせるようにパーツの配置に工夫を凝らす。自分はこの授業が得意だったため、教授に指名されてアシスタントに入ることになった。最近、この工程設計を卒業研究にしないかという勧めが教授からあった。そのことについてはまだ考え中だが、こうして授業アシスタントとして教える立場に立つのは新鮮味がある。

経営工学科は扱う内容が幅広く、日常で目に触れるものすべてが研究対象だ。4年生の卒業研究では、学内外の教授や企業からもアドバイスをもらえるので、より多角的なものの見方を学ぶことができる。卒業後はメーカーに就職することが決まっていて、工場の生産管理や資材調達だけでなく、部門間での折衝までを行うことになるので、幅広い視点が求められると思う。大学の授業やボードゲームで鍛えてきた能力をものづくりに生かせたら、と今から楽しみだ。
大学が終わったら、夕方からはアルバイトへ。偶然だが、2年生のときからボードゲームカフェで働いている。ゲームの紹介やルール説明などの接客が主な役割だが、お客さんと雑談をしながら、相手がどんなゲームに興味があるかを考えておすすめのゲームを提案することもある。相手の状況を踏まえて自分が何をするべきかを考えるのは、ボードゲームと似ている部分もあって、やりがいのある楽しい仕事だ。 勉強以外の私生活も充実させるのが、メリハリのある大学生活を送る秘訣だと思う。