理工学部物理学科

理工学部 物理学科Department of Physics

Introduction

研究分野・対象

理論物理は、宇宙、原子核の構造、反応および原子核と素粒子の境界領域、物性理論(磁性、高温超伝導等、固体電子論)など。実験物理は、宇宙、原子核、素粒子、有機半導体、表面物性、磁性、超伝導、レーザー、バイオミメティクスの研究など。

学科の特徴

野田キャンパスにはレーザー実験棟や超伝導実験棟を備えた大型の研究施設、実験施設が整っており、筑波研究学園都市にある国の研究機関との共同研究も活発です。物理学実験では大学院生をアシスタントとして起用し、きめ細かな指導を行います。特別講義では最先端の物理学の話題を聴くこともできます。

学びの特徴

本学科は、理工学部の物理学科という位置づけから、純粋物理学から応用物理学にわたる幅広い分野を含んだ構成となっています。それは大別すると、理論物理学と実験物理学に分けられます。特に現在発展しつつある分野を含めて、他の学問分野との境界領域を研究するグループもあります。本学科では、特に実験に力を注いで基礎とその応用力が身につく教育効果を狙っています。また、他学科との関連も密にしています。急変する科学技術の環境にあっても自主的に研究開発の場で活躍できる実力ある研究者を育成するため、物理学の基礎知識、物理的なものの考え方、それぞれの学習に十分な力を注いでいます。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス