理工学部機械工学科

理工学部 機械工学科Department of Mechanical Engineering

Introduction

研究分野・対象

機械工学は科学技術全般を支える学問です。宇宙環境における熱と流体現象、マイクロ流体力学、スペースプレーン材料、材料破壊の力学、機械加工とナノテクノロジー、ロボットや医療機器開発、環境にやさしい低公害燃焼等、研究テーマは幅広くあります。理工学部機械工学科の研究室において実施される研究領域は多岐にわたり、ここで身に付けた実力は産業界からのあらゆる分野に生かされる専門性を持っています。

学科の特徴

人間は自然環境、宇宙環境、また人間の生んだ発達したテクノロジーの影響下に生活しています。機械工学は人間はもちろんこれらすべてに密接に関連する学問です。理工学部機械工学科では、機械技術に関わるあらゆる問題に対して、その本質を把握しそれを解決する道筋を自分で考え出すことのできる人材の育成を目標としています。そのためにまず、機械力学、材料力学、流体力学、熱力学の4力学およびメカトロニクスを核とした機械工学の基礎教育を、豊富な実習・演習とともに重点的に行います。それらを踏まえて最先端の機械工学の知識を幅広く伝授し、また自分の成果を他人に正確かつ効果的に理解してもらう説明・伝達能力の涵養を図ります。一方、理工学部にあることから理学も含めた科学全般に関する広い視野を得る機会を提供しています。

学びの特徴

機械工学を学ぶ者は幅広い知識と経験、そして自然環境への深い理解を持つことが大切です。理工学部機械工学科では自然環境と人間とテクノロジーの調和をモットーに、宇宙環境や医療機械開発、環境問題への対応も含めてこれからのニーズに応えることのできる技術者・研究者を育てる教育・研究を行っています。各専門分野で国際的にも高く評価されている教授陣と共に、緑あふれる自然環境の中で勉強します。3年次までに機械工学の基礎、機械工学実験、コンピュータ実習、機械設計、製図等履修した後、4年次では各人希望の研究室に所属します。少人数で教員の直接指導の下で行う卒業研究では、あらゆる分野の先端科学と接点を持つ機械工学の特質を発揮して、多様なテーマに取り組みます。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス

関係性が深い学科