理工学部数学科

理工学部 数学科Department of Mathematics

Introduction

研究分野・対象

多くの学問の中で、数学は昔から現在に至るまで絶えず、基礎を支える学問として、それ自身の発展とともに多分野の成長にも寄与してきました。本学科は、自然科学、社会科学両面にわたって応用できる数学概念の明確な把握と理論の正確な運用を目指します。

学科の特徴

純粋数学から応用数学までの幅広い分野のスタッフを擁しています。また3,4年次で少人数のセミナーを開講し、深い理解と柔軟な思考力を培うことができます。野田キャンパス独自の特色ある図書館、演習室、計算機室などを含めて充実した研究ができるような設備が整っています。

学びの特徴

数学はユークリッドの時代には、すでに十分体系化された学問となり、以来現在に至るまで、数学自身に内在する論理性によって成長するとともに、その周辺の分野の諸科学から栄養分を摂ることにより、今日の姿をもつようになりました。数学にとって、その論理性は特に大切なものです。数学を学ぼうとする者は,物事をしっかりと厳密に考える必要があります。そのためには数学上の疑問をなおざりにせず、よく考えて理解に達するように努力することが大切です。数学で培った頭脳は、社会の各分野でも有用であり、これからの時代には大きく活躍が期待されています。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス