理工学部経営工学科

理工学部 経営工学科Department of Industrial Administration

Introduction

研究分野・対象

経営工学は企業経営の諸活動合理化のための研究を、科学的・工学的方法論を駆使して行います。その対象領域は企業経営に加え情報技術・社会システム・国際環境へと拡がり、コンピュータを用いた迅速・柔軟で合理的な経営を実現するのが経営工学です。

学科の特徴

1〜2年次に基幹基礎科目と演習によって十分に基礎的な能力を開発します。その上で3年次から一気に密度の高い専門科目を選択していきます。研究室単位での少人数セミナー形式によるきめ細かい指導を受けるのが特徴です。また4年次の卒業研究は実践力を養い、社会で活躍する際に役立つ実力となります。

学びの特徴

経営工学と聞いて、「理系」と「文系」のどちらなのだろうと思うかも知れません。経営工学では、数学、情報工学、経営学をはじめとして多くの専門分野の知識を必要とします。いわゆる、「理系」と「文系」が融合した「学際的分野」です。理工学部経営工学科では、21世紀のグローバル化した社会で、企業や官公庁での製品生産とサービス提供の仕組み(システム)の管理・運営(マネジメント)のための科学技術を修得することを重視して、情報工学、応用数学・統計学、システム工学、経営科学の基礎を修得するように教育を行っています。そして、エンジニアの専門教育だけでなく、グローバル化への対応面でも、大学内で先端的なプログラムを実施しています。理工学部経営工学科では、学科全体を5つの領域(生産システム工学系、経営数理系、社会システム工学系、管理システム工学系、情報システム工学系)から構成しています。そして、これらの領域が横断的に連携することによって教育・研究を行っています。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス