理工学部情報科学科

理工学部 情報科学科Department of Information Sciences

Introduction

研究分野・対象

本学科は,基礎数理情報・応用数理情報・計算機科学の分野における情報数理、量子情報、情報遺伝、応用確率論、統計数理、人工知能、量子コンピュータ、ソフトウエア科学などの情報科学の核となる分野の理論と応用のバランスの取れた教育・研究を行っています。

学科の特徴

本学科は、数学を基盤とし、自然、社会、人間の各現象に関わる「情報」をどのように数理的に扱うのかを対象とする「基礎数理情報」と、実用上の問題へ情報数理の応用を対象とする「応用数理情報」、そして情報を処理するシステムを対象とする「計算機科学」の3つの分野がお互いに重なり合って構成されており、カリキュラムは、これらの分野の知識がバランスよく身につくようになっています。

学びの特徴

1年次から、3年次前期までは広く専門基礎を学び、3年次後期からは、研究室に所属し、教員の個人指導のもとに専門をより深く学びます。これからますます多様化するであろう21世紀の社会において、その変化に素早く対応でき、情報社会で活躍できるように、情報科学の基礎知識を十分に身につけた柔軟性のある人材の育成を目指しています。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス

関係性が深い学科