理工学部電気電子情報工学科

理工学部 電気電子情報工学科Department of Electrical Engineering

Introduction

研究分野・対象

電気電子情報工学はハイテク時代を支える学問です。大別して通信・情報、エネルギー・環境、エレクトロニクスデバイスの三つの分野に分けられます。宇宙、海洋、都市、建設、食品、鉄道、自動車、福祉、娯楽といった社会のあらゆる分野において、とりわけ情報化を推進する原動力として重要な役割を担っています。

学科の特徴

上に挙げた電気系3分野にまたがる多彩な専門を学べることが一つの特色です。3分野に対応するコース制を設けていますが、選択したコース以外の科目も自由に選択できます。科目の選択次第で、電気通信主任技術者、第一級陸上無線技術士の国家試験における一部科目免除、第一種電気主任技術者(要実務経験)、第一級陸上特殊無線技士、第三級海上特殊無線技士の資格取得の道が開かれています。

学びの特徴

電子・情報化社会を担う技術者や研究者の育成を目指す教育・研究を行っています。情報通信工学コース(通信・情報)、電気工学コース(エネルギー・環境)、電子工学コース(エレクトロニクスデバイス)、および、その3分野の基礎知識の習得に重点をおいた電気電子情報工学コースの4コースに分かれますが、1〜2年次で全体に共通する基礎科目を学ぶことで、いずれの分野へも自由に展開できる力がつきます。このため低学年のカリキュラムでは低学年では数学、電気磁気学、電気回路理論といった基礎学力をつける科目が主となり、その学力を確かなものにするため、演習に力をいれています。3年次からは、3つの分野にわたる豊富な専門選択科目から体系的に科目選択をしていくゆるやかなコース制を採用しています。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス