理工学部土木工学科

理工学部 土木工学科Department of Civil Engineering

Introduction

研究分野・対象

土木工学が対象とする広範囲に渡る分野すべてをカバーする教員をそろえて教育研究を行っています。学習しやすいように科目数を多くしたり、少人数グループ分け授業を行うなどの工夫をしています。 学生は将来研究者や技術者として社会に貢献する使命を担う自覚を持って、意欲的に勉強しています。

学科の特徴

「土木工学」は英語ではCivil Engineeringと言います。これは軍事工学に対して生まれた言葉で、人びとの生活のための工学を意味しています。土木工学は、建設事業を支える学問であり、社会基盤施設の計画、整備や維持管理、また環境保全の分野でなくてはならないものです。

学びの特徴

土木工学の技術は、新幹線、大都市地下鉄網、ダム、世界最大級の吊り橋である明石大橋、世界最長級の青函トンネル、海に架かる東京湾横断道路等に華々しく現れています。これらの土木構造物の計画・設計・施工・維持管理に関する知識・技術の修得のほか、地震、津波、洪水や地すべり等の自然災害の防止対策などに関する技術開発にも取組んでいます。さらに人工衛星からのデータを利用した災害リスク評価や環境変化の観測、大気汚染や水質汚濁等の環境問題の解決、渋滞問題の解決、観光などの分野も土木工学がカバーしています。こちらの研究に、教員も院生も学生も興味をもって意欲的に取組んでいます。

Campus / Laboratory

野田キャンパス

広大で緑豊かな敷地を誇る野田キャンパス。講義棟や図書館、グラウンド、セミナーハウスなどの各種施設が整い、落ち着いた雰囲気の中、学修・研究活動に専念することができます。また、光触媒国際研究センターや生命医科学研究所をはじめ、多領域に及ぶ多くの研究施設が野田キャンパスに集結。関連する学部・学科組織などと有機的に連携した研究・教育を展開する「リサーチキャンパス」として発展を続けています。

野田キャンパス