理学部第二部化学科

理学部第二部 化学科Department of Chemistry

Introduction

化学の幅広い知識の吸収と社会での実践

化学は、物質の本質についての探究と、その成果を応用して新たな有用物質を創製する学問です。また、21世紀の重要な課題である生命科学を支える基盤の学問でもあります。

現代に生きる私達は化学の進歩により計り知れない恩恵に浴して来ました。例えば医薬品、合成樹脂、セラミック等の進歩は私達の生活を豊かに大きく変えて来ました。しかし、総てが私達にとって良かったのではない事は昨今の地球環境の悪化一つを取り上げても明らかです。限られた空間の中で我々が豊かに生き続けるにはグローバルな視点に立った、より良い物質作りを考える必要があります。そのためには化学の幅広い知識の獲得と深い探究の両面が必要となります。

現在、理学部第二部化学科に在籍している学生の大きな特徴は、既に社会人として化学、医薬などの分野で活躍している人、昼の時間帯に専門学校で勉強したり、ボランティア活動をしている人など、種々の背景のもとで生活しながら化学の知識を得ようとする集団です。従って化学に対する興味の対象も多岐にわたっています。このような状況のもとで、当学科の教育方針は、まず化学の本質を理解する上で必要な無機化学、有機化学、物理化学を重点的に学び、その上で膨張し、かつ益々細分化されつつある化学に対処できる人間を育成するところにあります。 当学科ではこの様な考え方の下に、学生諸君が将来いかなる場面でも臆する事なく活躍出来るための幅広い基礎知識を吸収できるように、また自分の興味を伸ばして行ける様に多様な教科を用意しています。更に4年次には一年間卒業研究生として研究室に所属し、教員の個人指導の下に大学院生や同級生と切磋琢磨しつつ最先端の研究を行う事もできます。最も大切な事は、今までの受け身の勉強から、学問を自主的に自分の問題として追求して行く心構えです。

卒業生の多くは企業人や公務員などとしてそれぞれの場で在学中に学んだ知識を生かしながら活躍しています。また、最近顕著になりつつある理工系大学での大学院への進学率の上昇傾向は当学科でも同様で、卒業生の一割以上が東京理科大学大学院理学研究科を始めとする各大学院に進学しています。

授業科目と標準履修学年をカリキュラム表に列挙しました。本学科では履修学年の枠は比較的ゆるくなっており、時間割のかなりの部分を自分の学習計画にもとづいて組む事ができます。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス