理学部第一部物理学科

理学部第一部 物理学科Department of Physics

Introduction

研究分野・対象

数学という客観的な言葉で、宇宙から原子まで自然界で起こる現象を簡単な法則で理解しようと試みるのが物理学です。重力波の直接観測、ヒッグス粒子の発見、超新星とニュートリノ天文学、物質中のディラック電子など、新たに様々な展開が見られるように、今後も多くの可能性を秘めた学問といえます。

学科の特徴

宇宙、地球(大気)、物性(物質)、原子核、および物理教育と、様々な物理学の領域を専門とする教員が揃い、理論、実験の両面から活発な研究を行っています。実力主義の伝統に立脚した教育に定評があり、物理教員の育成にも力を入れています。

学びの特徴

物理学の研究対象は、宇宙、地球、生物、固体、原子分子、原子核、素粒子など、自然の各階層に及びます。本学科では、現代物理学の基礎となる科目を学習した上で、現在発展している分野に関連して豊富に用意された選択科目の中から、個々の目標や興味に応じた科目を自由に履修することができます。4年次の卒業研究では、自ら選択した分野に取り組み、それまでに学んだ知識を統合して血肉化すると同時に、卒業後の進路を見定めることになります。また本学科では、1年次から、演習や実験にも力を入れています。教員とのディスカッションを通して、物理学を正確に理解するためのきめ細やかな指導が受けられます。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス