理学部第一部数学科

理学部第一部 数学科Department of Mathematics

Introduction

研究分野・対象

数学は紀元前から存在している歴史の長い学問です。しかし、その研究対象は整数のように初めから伝わるものばかりではなく、時代と共に新しいものも現れてきます。数学は生きていて、新しいもの、意外なものが生み出せる興味深い学問です。

学科の特徴

本学科は、伝統的に数多くの教員を社会に送り出してきており、教員育成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望に応えています。最近では、急成長を遂げるコンピュータ関連産業や情報産業のニーズに応じ、実業界において臨機応変に活躍できるように、その教育内容を充実させています。

学びの特徴

大学の数学は高校までの数学と異なるといわれることがあります。数学に対するイメージは人により少しずつ違いますから、大学での数学が高校時代のイメージとは違っていたという人がいるのは仕方がないことです。しかし、まず何が数学の本質なのかということを考えてみてほしいと思います。数学という学問は、最終的に実験によって理論を検証する物理や化学と異なり、自分の頭で理論を検証する必要があります。そして、他人との議論には自分の考えを正確に相手に伝えるための表現力が必要になるのです。計算力があるだけでなく論理的思考が好きだという人には、本学科は絶好の勉強の場を提供することができます。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス