理学部第一部化学科

理学部第一部 化学科Department of Chemistry

Introduction

研究分野・対象

化学は分子、原子の単位で物質の構造、変化の様相、ならびに物性について取り扱う学問です。そこから派生する物質に関する知識や作り出された物質を通して、化学は社会に深く関わっています。

学科の特徴

1年次から専門科目を学びはじめ、学年を追うごとに高度な専門知識・技術を身につけることができます。また最終学年では、理論と実際とを結びつける思考法と技術を学ぶ卒業研究、あるいは第一線の研究者の授業を受けて最新技術に触れられる化学総論いずれかを選ぶことができます。

学びの特徴

化学の中でも、専門分野の細分化とともに、学問分野の総合化・学際化・国際化が大きな流れとなっています。幅広い基礎学力の育成と境界領域をどのように学ぶかがより重要であるという時代の要請のもと、基礎研究者・教育者を生み出すことを本学科の伝統的な目的の一つとしています。そこで、化学に必要な基礎学力の育成と同時に、境界領域の基礎も学べるようカリキュラムを編成しています。専門課程の前半には講義と同時間数の演習、各種テーマに関する実験・実習を行い、どのような新しい状況にも対応できるように努めています。後半には、それぞれの適性を伸ばすために多数の選択科目を用意し、社会で直ちに役立つ学力を養っています。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス