理学部第一部応用物理学科

理学部第一部 応用物理学科Department of Applied Physics

Introduction

研究分野・対象

豊かで持続可能な社会を実現するには、技術的な変革(イノベーション)が必要です。本学科は、物理学を応用することによって、物質や材料・デバイスのイノベーションを起す研究と人材の育成を行っています。物理学を応用する方法として、我々は次の3系統のアプローチで研究を行っています。それは、(1) 物質のミクロな性質を根本的に探求する「量子物理系」、(2) 数学的なモデル構築によって複雑な現象を解析する「数理・統計物理系 」、そして(3) 実際に新デバイス創成を目指す「先端デバイス系」です。

学科の特徴

本学科では、学問としての物理学体系をしっかり理解し、最先端の技術に発展させることのできる人材の育成を目標としています。教育・研究が応用を志向しているため、産業界とのかかわりも深く、企業との共同研究や技術指導も積極的に行っています。

学びの特徴

物理学を実社会に応用するための土台となる力学・電磁気学・熱力学・統計力学・量子力学などの物理系基礎科目を身に付けた後、固体物理・エネルギー変換科学・脳科学などの専門科目を幅広く学びます。また、実践力を身に付けるための実験・演習・コンピュータ関連科目を豊富に開講し、(1) 量子物理系、(2) 「数理・統計物理系」 、(3) 先端デバイス物理系の3系統の研究室が連関しながら、様々な最先端の研究と教育が行われています。

Campus / Laboratory

葛飾キャンパス

2013年4月、東京都葛飾区に開設した「葛飾キャンパス」。キャンパスアメニティーが充実した環境で、先端融合分野を研究する「イノベーションキャンパス」として整備されています。敷地内には講義棟、研究棟、管理棟、図書館、体育館、実験棟がゆったりとレイアウトされています。キャンパスに隣接する「葛飾にいじゅくみらい公園」は、地域住民と共生する触れ合いの場となっています。
<お知らせ(重要)>
・2022年度入学者を最後に学生募集を停止
・2023年度、先進工学部物理工学科として改組
※2022年度入学者までは、卒業まで理学部第一部応用物理学科所属となり、2023年度の改組後もカリキュラム等に影響を受けることはありません。

葛飾キャンパス