理学部第一部応用数学科

理学部第一部 応用数学科Department of Applied Mathematics

Introduction

研究分野・対象

現在の科学の発展に応用数学は大きく寄与しており、データサイエンス、人工知能、IoT 等を支える基盤としても欠かすことのできないものです。本学科は、このような幅広い分野に数学を応用するために必要な、対象を分析・理解し、抽出した問題を解決する数理的な能力を備えた研究者・技術者・教員・公務員を育てることを目標としています。

学科の特徴

本学科は理論と応用の両面を志向する数理学系学科として、1961年に全国に先駆けて開設されました。その後の情報社会の変化に伴って、現在では、情報技術(IT)のいかなる進歩に対しても、状況を的確に把握・分析して、自らの数理的・論理的思考力によって柔軟に対応できる研究者、技術者、教員、公務員(国家公務員総合職)等を数多く輩出しています。

学びの特徴

本学科の教育の特色としては次の点が挙げられ、大学院までを考慮した教育体制により、多くの学生が本学の応用数学専攻に進学しています。

  • 「統計科学」、「計算数学」、「情報数理」を柱とする充実した応用数学の専門教育。
  • 統計科学・計算数学・情報数理の理論と応用、さらにはコンピュータを用いた実践的教育。
  • 大学院(応用数学専攻)に直結したカリキュラム。
  • 情報処理技術者、アクチュアリーなど実用的な資格の取得支援。
  • 教育職員(数学・情報の免許状)養成のためのカリキュラムの充実。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス