経営学部ビジネスエコノミクス学科

経営学部 ビジネスエコノミクス学科Department of Business Economics

Introduction

研究分野・対象

ビジネスエコノミクス学科では、近年、ビジネス分析の中心となりつつある計量経済学、実験経済学、ゲーム理論、ファイナンスといった分野を学習します。そしてそれを基盤に、データ解析、経済理論、ファイナンスの専門領域を選択し、問題解決型実習(PBL科目)やゼミナールを通してデータ分析手法についての知識を深めていきます。 これからの社会で最善かつ戦略的な意思決定を行うには、科学的根拠が不可欠です。本学科では経済学、経営学、金融工学、統計学、データ科学を幅広くかつ専門的に学ぶ、ビジネス分析に関する先端的教育を行い、数理・数量的思考力と創造力、高い倫理性を養います。

学科の特徴

膨大なデータからビジネスの動向を予測し、アイデアを発見するデータの科学。経済学の手法により市場構造やリスクを数理的に解析し、経営判断に合理的裏付けを与える意思決定の科学。これらの科学的手法を駆使してビッグデータとグローバル経営時代に活躍する高度な専門性を持った人材を育成します。

学びの特徴

近年、計量経済学、実験経済学、ゲーム理論、ファイナンスといった分野はビジネス分析の新しいコアとなりつつあります。また、人工知能やビッグデータ活用の知識を身に付けたデータサイエンティストの需要も高まっています。ビジネスエコノミクス学科では、体系的プログラムに基づいてビジネス分析に関する先端的教育を行うことで時代のニーズに応えます。本学科の少人数指導を通じて数理・数量的思考力、創造性および高い倫理観を涵養し、以下のような人材を育成します。

  • 統計・データ科学の深い理解に基づき、データ分析と予測・発見の技術を駆使し、経済・経営分野の問題解決に応用できる人材。
  • 経済学の深い理解に基づき、市場構造を科学的に解明し、人々の意思決定を理論・実証の両面から分析できる人材。
  • 金融の深い理解に加え、金融市場や人々の経済行動を多面的に解析でき、それらの知識や技術を金融実務に応用できる人材。

Campus / Laboratory

神楽坂キャンパス

東京の中心部に位置する神楽坂キャンパス。通学だけでなく、学修や研究で必要な関係機関などへの交通アクセスも極めて便利で、その立地の良さが大きな魅力となっています。2016 年には、富士見校舎( 経営学部) が加わり、真理を探究する理学部と科学的アプローチで学ぶ経営学部からなる「サイエンスキャンパス」として整備されています。リカレント教育や専門職大学院などの機能も強化されており、都心ならではの学生生活を味わうことができるほか、学問と社会とのつながりが実感できるキャンパスです。

神楽坂キャンパス