STD(性感染症)

STD(性感染症)って何?

従来日本では「梅毒」「淋病」「軟性下疳」「性病性りんぱ肉腫」が性病に指定されていました。これらの病気は症状が性器やその周囲に出るので、感染したことが本人にも判り比較的早期に治療を受けることができました。しかし最近ではこれ以外の
「性行為で感染する病気=Sexually Transmitted Diseases」
が増えてきています。 主なSTDとして、性病のほかに「クラミジア」「性器ヘルペス」「トリコモナス症」「尖圭コンジローム」「B型肝炎」「エイズ」などです。これらの性感染症は殆ど症状がなく、自分で感染を自覚することが困難です。

どうすれば予防できるの?

不特定の相手とSEXしない!相手を良く知り、パートナーとSTDについても話し合いましょう。コンドームを使用する。「ノーコンドーム・ノーセックス」を基本に、自分の体は自分で守りましょう。ただし、性行為が多様化している今、STDは性器以外の部分からも感染しますから過信は禁物です。

STDに感染したらどうすればいいの?

パートナーも一緒に性病科、泌尿器科、皮膚科、産婦人科などの医師の診察を受けましょう。若い女性の間で驚くほど静かにクラミジア感染が増えています。クラミジア・淋菌による感染は、男性は尿痛などで気付くことができますが、女性は自覚症状が殆どなく病気が進行してしまいます。放っておくと子宮内膜炎や卵管炎をおこし不妊や流産の原因になります。また、クラミジアに感染すると、エイズに3~4 倍かかりやすくなります。

心配な場合は保健管理センターに来室ください。

ページのトップへ