緑内障

緑内障について

眼球内の圧力が高まって、見たものを脳に伝達する視神経が侵され、視力が落ちたり、視野が狭くなる病気で中途失明原因の上位を占めます。最近の調査では、40歳以上の17人に1人が罹患していることがわかりましたが、大部分の人は緑内障に気づいていない潜在患者でした。先天的な異状によるものや、加齢に関連して起こるもの、他の病気が原因で起こるものなどがありますが「急性緑内障」と「慢性緑内障」の2つに大きく分かれます。

急性緑内障

急に眼が痛み、激しい頭痛や吐気が起こります。そのため、脳やお腹の病気と間違えて手当てが遅れ、失明する場合もあるので注意が必要です。女性に多く、男性の3倍もみられます。

慢性緑内障

特に頻度が多くみられ、10年、20年と長い間に徐々に進行していくのが慢性緑内障です。初期はかすみ等の自覚症状がなく、視力がかなり落ちたり、視野が狭くなるまで本人が気づかず、悪化させてしまう危険があります。診断と治療を受けている人は2割で、残りの8割の人は緑内障に気づかず治療を受けていませんでした。

障害を受けた視神経は再生されません。失われた視野や、視力は回復しないのです。緑内障は早期発見・早期治療が大切といわれるのはそのためです。40歳を過ぎたら、定期的な検査を受けましょう!

検査で早期発見を!

眼球内圧の緑内障の検査では、まず眼圧を測定し、視神経の障害を調べる眼底検査、視野の検査、視力の検査などを行って総合的に判断します。人間ドックでは、眼圧検査や眼底検査を行いますので40歳以上の方は利用されるとよいでしょう。緑内障は遺伝的な要因が強い病気です。近親者に緑内障の人がいる場合は、念のため眼科で詳しい検査を受けることをお勧めします。検査はいずれも短時間で済みます。

眼圧検査

眼球内圧を測定します。検査にはいくつかの方法があり、空気眼圧計で間接的に角膜のゆがみ度をコンピュータで測る方法や、医師が点眼麻酔を行い角膜に圧をかけて測る方法等があります。低眼圧緑内障は、眼圧が正常なので眼底検査等と総合的な判断が必要です。

眼底検査

視神経や網膜の血管の状態等を調べる検査です。「眼底は全身病の窓」ともいわれ、目の病気だけでなく、動脈硬化や高血圧、糖尿病や腎臓病などの病気を発見したり、その程度を知るうえでも大切な検査です。

視野の検査

色々な角度から部位や様々な大きさと強さの光を出して、それが見えるかどうかを詳しく調べます。緑内障初期の視野の狭まりや「暗点」は、視力に殆ど影響しないので視野の検査をするまでわからないことが多いのですが、放置しておくとどんどん悪化してしまい緑内障で視力が低下した時は失明が近いことを意味しています。

ページのトップへ