ノロウイルス

ノロウイルスについて

ノロウイルスによる食中毒は、冬季を中心に発生します。カキなどの二枚貝を生又は不十分な加熱で食べたことを原因とする食中毒のほか、最近では、生カキを食べていなくても集団発生する事例が増加傾向にあります。

ノロウイルスは、人の腸内で増殖し、人の便に含まれて排出された後、河川や海に流れ込み、カキなどの二枚貝の体内に蓄積されます。そして、ノロウイルスに汚染された貝類を食べることによって再び人に感染します。

さらに、ノロウイルスに感染した人が、用便後の手洗いが不十分なまま料理をすると食品がウイルスに汚染されることがあり、その食品を食べることによって感染することがあります。

また、ノロウイルスは、ごく少ないウイルス量で感染しますので、感染者の便や嘔吐物を処理する際に、これらの排出物から感染する場合があります。

潜伏時間は24~48時間で、主な症状は吐き気・嘔吐・下痢・腹痛・38度以下の発熱など、「風邪」によく似ています。通常、これらの症状が1~2日続き自然に回復しますが、乳幼児や高齢者、体の抵抗力が弱い人が感染すると脱水症状が加わって重症化することもあります。

ノロウイルスの感染防止・予防に心がけるとともに、下記のことに注意してください。

感染防止・予防方法

  • カキなどの二枚貝の生食はできるだけ避け、十分に火を通して食べましょう。(ノロウイルスは、85度以上で1分以上加熱すると死滅します)
  • トイレの後、調理の前、食事の前には、よく手を洗いましょう
  • 調理器具もよく洗い、熱湯などで消毒しましょう

二次感染に注意

  • 患者の嘔吐や便を片付ける時は、直接触れないよう、使い捨て手袋やマスクを着用しましょう
  • 汚物の消毒は塩素系漂白剤(10~50倍に薄める)で消毒しましょう
  • 処理後は石鹸でしっかり手を洗い、うがい、室内換気をしましょう

感染してしまったら

嘔吐や下痢などの症状があるときは、水分を多くとり、早めに医療機関を受診しましょう。症状が回復しても手洗いと消毒は十分に行い、人から人への感染を防ぐとともに、感染しても発症しないように体調を整えることが大事です。

参考リンク

ページのトップへ