【再掲】(2019.12.21開催)【学内向け】教養教育センター・学生支援センター共催セミナーの開催について

2019.11.27

開催日時が近くなりましたので再度、ご案内いたします。
教職員のみなさまのご参加、お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近年、厚生労働省が精神疾患をがん・脳卒中などと並ぶ5疾病の一つに定めるなど、「メンタルヘルス」は私たちにとって大変身近な課題となっています。大学運営においても、学生支援の重要課題の一つであり、その支援体制の充実度が受験生や父母らへの訴求力に大きく影響するとも言われるほどです。
このような状況のなか、本学においては1985年より学生相談室(よろず相談室)を開室し、学生・父母・教職員を対象として毎年多くの利用実績をあげてきています。今後、ますます多様化する学生への「学生生活の充実」と「人間的成長」の支援を推進するためには、これまでの体制を強化すると同時に、より組織的な取り組みが求められています。
今回のセミナーは教養教育センターと学生支援センターが共催し、大学組織における学生のメンタルヘルス支援の在り方をテーマとして、本学におけるメンタルヘルス支援のあるべき姿についてディスカッションしていきます。

日 時:2019年12月21日(土)14:00~17:00 (13:30受付開始)
場 所:神楽坂キャンパス 1号館17階記念講堂
対 象:本学教職員
テーマ:「東京理科大学における学生のメンタルケアについて考える」
講 師:松浦 真澄 准教授(工学部教養)
    市川 絵梨子 氏 (学生相談室(よろず相談室)カウンセラー)
プログラム:
14:00~14:05 開会挨拶 愼 蒼健(工学部教養教授・教養教育センター長)
14:05~15:05 講演 松浦 真澄 准教授
        「組織的なメンタルヘルス支援について ~ネットワーク・協働・対話~」
15:05~15:35 講演 市川 絵梨子 氏
        「学生相談室(よろず相談室)の現状について ~本学の学生の特徴とは~」
15:35~15:55 休憩
15:55~16:55 質疑応答・ディスカッション
16:55~17:00 閉会挨拶 北村 春幸(副学長・学生支援機構長)

リーフレットはこちら

CENTISへのリンク(学内向け情報)
https://portal.tus.ac.jp/centis/node/13162