工学部機械工学科 元祐准教授がおすすめする本

紹介者
氏名:元祐昌廣 准教授
所属:工学部機械工学科
専門:熱工学

 

本のタイトル等 この本をおすすめする理由
書籍名 :ホワット・イフ?
著者名 :ランドール マンロー
出版社名:早川書房、2015年
誰しも子供の頃に「もしも…?」の類の疑問は持つだろう。本書は、もしも野球のボールを光速で投げたら?地球上の全人類が同時にジャンプすると?などの疑問に対して、元NASAエンジニアの科学的な視点から議論を進めているアメリカ版の「空想科学読本」。著者直筆のマンガが適宜添えられており、思考実験をさらに楽しいものにしてくれる。読みやすいトピックばかりなので、興味と余力があれば、英語も平易なので原著(What if ?)にも手を出してみることをお勧めします。
書籍名 :科学者とは何か
著者名 :村上 陽一郎
出版社名:新潮選書、1994年
「科学者って何だろう?」という問いに答えるのは容易なことではないが、理系の大学生は一度は考えて欲しい問題だと思う。本書は著者の専門である物理学史の観点から、「科学者」の誕生、科学者の倫理、コミュニティ、社会での役割、責任などについて書かれている。原子力爆弾、 DNA組み換え、環境問題などの事例はわかりやすく、是非自問のヒントにしていただきたい。
書籍名 :プレゼンテーションzen
著者名 :ガー レイノルズ
出版社名:ピアソン桐原、2009年
大学生のみなさんは、既に経験がある人も多いと思うが、将来必ず人前でプレゼンテーションをする機会がやってくる。本書は、プレゼンに挑む心構えから陥りやすい点、スライドの作り方などに触れており、多くを詰め込むのではなく、いかに単純化するかが大事、という一貫した視点から述べられている。そのまま真似をする必要はないが、人前で話すスタイルについて考える一助となる本である。