• TOP
  • 大学概要
  • 東京理科大学の求める教員像及び教員組織の編制方針

東京理科大学の求める教員像及び教員組織の編制方針

東京理科大学は、建学の精神及び教育研究理念を踏まえて教員組織を編制し、その方針をより明確にするために、「東京理科大学の求める教員像および教員組織の編制方針」を以下のとおり定めています。

求める教員像

  • 建学の精神、教育研究理念のほか、大学・学部・学科等の目的、目標、方針(ポリシー)を十分に理解し、その実現に向けて、教育・研究・社会貢献・管理運営の各種活動に意欲的に取り組める者
  • 高度な専門知識により教育を実践する能力を有するとともに、継続的にその資質・能力の向上に努める者
  • 専門分野に関する一定の研究能力を有するとともに、基礎・応用・開発研究の持続的発展、研究成果の発信、社会への還元、イノベーションの創出、産業の発展等に貢献できる者
  • 国際社会の変動に伴う教育研究に係る社会的要請に柔軟に対応できる視野を有し、本学のグローバル化の発展に貢献できる者
  • 大学及び所属部局における自らの役割を正しく認識し、他の教職員と多様性を認め合い協働しながら、本学の伝統の継承と発展に向けた大学運営に寄与する者

教員組織の編成方針

  • 大学・大学院・専門職大学院の各設置基準に基づき、大学・学部・学科等の目的、目標、方針(ポリシー)を実現するために必要な教員を適切に配置する。
  • 学部・学科等における教育研究活動を継続的に実施するため、職位・年齢・性別・学問分野等のバランスを考慮するほか、外国人も含めた多様な人材を配置する。
  • 教育・研究・社会貢献・管理運営の各種活動に対して、教員間で連携・協働するために、適切にその役割を分担する。
  • 教員の募集・採用・昇任等にあたっては、本学の関係諸規程等に基づき、透明性・適切性を担保しつつ、公正・公平に行う。

学部・研究科における求める教員像及び教員組織の編成方針

学部

大学院

専門職大学院

ページのトップへ