特色ある教育プログラム

学部横断型プログラム「データサイエンス教育プログラム」

近年社会の大きな流れとして、ビックデータから価値ある情報を生み出し、様々な意思決定の局面において、データにもとづいて合理的な判断を行うことを可能とするデータサイエンスに関する能力が求められています。そのような社会的なニーズを背景にデータサイエンスに係る知識・技術を取得できるデータサイエンス教育プログラムを2019年度に全学でスタートしました。

履修証明プログラム

東京理科大学理学部第二部履修証明プログラムは、社会人を対象として、様々な目的のもとに専門的な知識や幅広い教養を修得したいという社会的需要に応えるための教育プログラムです。各プログラム修了者には学校教育法などの規定に基づくプログラムであること及びその名称等を記した履修証明書を交付します。(各プログラムとも総時間数60時間以上)

文部科学省次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)
Skyward EDGE Consortium 人材育成のための共創エコシステムの形成

文部科学省次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)は、EDGE プログラム※1に採択された大学をはじめ、これまで各地の大学で取り組まれてきたアントレプレナー教育※2で得られた成果や課題を踏まえて、大学等の研究開発成果を基にした起業や新事業創出に挑戦する人材の育成、関係者・関係機関によるベンチャー・エコシステムの構築を目的としています。

2017年7月、このEDGE-NEXTに、早稲田大学を主幹校とし滋賀医科大学、東京理科大学、山形大学を協働機関、多摩美術大学※3等の31機関を協力機関とするコンソ―シアム「EDGE-NEXT人材育成のための共創エコシステムの形成」が採択され、組織を超えた人材育成を行っています。
2020年2月、文部科学省発表で本コンソーシアムは、EDGE-NEXTの中間評価において、最高評価のS評価を受けました。

※1 EDGEプログラム:文部科学省 平成26年度グローバルアントレプレナー育成促進事業
※2 アントレプレナー教育:次代を担う才能豊かな学生が新たな価値を生み出す創造性を育み、起業家マインドを醸成する教育
※3 令和2年度から協働機関

ページのトップへ