News&Topics一覧

GSC受講生4名が全国受講生研究発表会に参加しました。

公開日:  最終更新日:2017/10/11

10月7日(土)~8日(日)に、グローバルサイエンスキャンパス(GSC)に参加している高校生を対象とした全国受講生研究発表会が開催され、本学からは、GSC受講生を代表して、発展コース4名の高校生が参加しました。

全国受講生研究発表会は、グローバルサイエンスキャンパス受講生の研究活動の研鑽の場として、また、受講生相互が交流・啓発しあう機会となることを目的として開催されており、受講生各自が自らの研究・学習活動の発信を通して、新たな気づきを得る機会となり、また、全国の受講生・大学教員らとの交流により、今後につながるネットワークを築き、将来を見据えた継続的な研究活動を展望する契機となることを目指しています。

今年度は、一橋大学一橋講堂を会場として実施され、GSC実施校17大学から高校生等の参加があり、ポスター発表が行われ、優秀者10名が翌日口頭発表を行いました。

また、ノーベル化学賞受賞者の野依良治先生による「科学を志す君たちへ」と題する講演も行われました。
本学GSC受講生3名もポスター発表を行い、意見交換会では他大学の受講生や教員と情報交換を行い、有意義な2日間を過ごしました。

参加した受講生からは、異なる分野の研究をしている高校生と交流を図ることで、自分では思いつかない考え方に触れることができた、自身の取り組む研究の発表に関して、特に興味を持って発表者と交流できた。研究活動に協力してくださる研究室の先生やTAに感謝したいという感想がありました。

平成26年、27年度とGSC受講生だった本学工学部工業化学科1年の女子学生がOGとして参加し、受講生の研究発表のサポートを行いました。

(会場の様子)

(発表の様子)

 

東京理科大学キャラクター坊っちゃんとマドンナちゃん