東京理科大学グローバルサイエンスキャンパス(Global Science Campus)

東京理科大学グローバルサイエンスキャンパス(Global Science Campus)とは

※平成29年度受講生の募集は終了しました。
多くの応募ありがとうございました。

“国際レベルの理数力を持つ、次世代科学者リーダーの養成”

将来グローバルに活躍しうる次世代の傑出した科学技術人材を育成するため

 「グローバルサイエンスキャンパス」は、大学が、将来グローバルに活躍しうる傑出した科学技術人材を育成することを目的として、地域で卓越した意欲・能力を有する高校生等を募集・選抜し、国際的な活動を含む高度で体系的な、理数教育プログラムの開発・実施等を行う事業です。
 本学のプログラムでは、これらの人材を育成するため、高い理数力を持ち、グローバルな活躍を希望する高校生に対して、「数学」「情報」「物理」「化学」「生物」の5分野において、第一線で活躍する現役教授陣・大学院生が年間を通じた高度で実践的な育成を行うとともに、実際に自分の手でモノを作成する、実物に触れる体験型教育を実施し、高校生の意欲、能力をさらに伸ばしていくことを主眼としています。

第一線で活躍する現役教授陣・大学院生が直接、講義・実験を指導します
  • こんな高校生を待っています
  • ●高い理数力を持ち、主体的に課題を設定し、その課題解決に挑戦する意欲がある高校生
  • ●大学入学後に更に高度な理数系分野の能力を身につけて、科学技術分野でグローバルに活躍したいという意欲を持つ高校生
  • ●語学力とコミュニケーション力を高める意欲を持つ高校生

News&Topics

記事一覧ページはこちら 記事一覧ページはこちら

8月9日(水)プログラム3日目。キール大学内の総合科学体験館(Kieler forschungs:werkst …

記事を詳しくもっと見る

8月8日(火)プログラム2日目。キール大学内のIPNにおいてプログラムが始まりました。 Welcome ses …

記事を詳しくもっと見る

8月7日(月)11時に成田空港を出発し、ヘルシンキを経由して18時30分(現地時間、時差7時間)ドイツ・ハンブ …

記事を詳しくもっと見る

8月6日(日)に直前研修の3回目を実施し、ドイツのプログラム中に行われる「Japanese session」の …

記事を詳しくもっと見る

今年度発展コース受講生16名のうち選抜された10名が8月に海外研修プログラム(ドイツ)に参加します。 出発まで …

記事を詳しくもっと見る

東京理科大学キャラクター坊っちゃんとマドンナちゃん