斎藤 顕宜 サイトウ アキヨシ SAITOH Akiyoshi 教授

薬学部 薬学科

薬理研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 精神・神経薬理学
  • 研究分野: 行動薬理学、創薬薬理学、神経科学

薬理学は、身体の仕組みを理解しながら、薬が持つ生体機能への影響を解析する学問です。本研究室では、心と脳の病気、例えばうつ病・不安症がなぜ起きるのかを研究しています。病気のモデル動物・組織等を用いた実験から、関与する神経回路や生体物質を明らかにし、新しい治療薬・予防法の開発を目指しています。

研究テーマ

  1. オピオイド受容体をターゲットとした新規向精神薬の創薬

    当研究室ではこれまでに、オピオイドδ受容体作動薬が抗うつ作用・抗不安作用を示すことを動物モデルから明らかにしてきました。最近では、新規オピオイドδ受容体作動薬(NC-2800)を見出すことに成功しました。現在NC-2800は、新規抗うつ薬の臨床開発候補化合物として大きな期待がされています。

  2. 情動神経回路の理解に基づいた病態モデル動物の開発

  3. カチオン系違法薬物の有害作用予測手法の開発

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ