Bugaeva Anna ブガエワ アンナ BUGAEVA Anna 准教授

理学部第一部 教養学科

世界の言語の多様性と普遍性

研究室紹介

  • 専攻分野: 言語学、言語類型論
  • 研究分野: アイヌ語、東北アジアの諸言語

私の研究の目的は、現在消滅の危機に瀕しているアイヌ語についての貴重な知見を保存・蓄積し発展させることです。アイヌ語は日本で伝統的に話されている唯一の非日本語族の言語ですが、系統は不明で、今のところ孤立語とされています。おそらく非常に古い語族の名残りであり、古代の日本列島の文化の遺物と見なすことができるでしょう。アイヌ語の統語法をより深く明確に理解し、言語類型論が示す世界のきわめて多様な言語の分析の枠組みのなかにアイヌ語を位置づけるべく、アイヌ語と世界の諸言語の文法構造を比較してきました。アイヌ語の文法が持つ稀有でユニークな多くの特徴を明らかにし、それによって、世界の言語学にアイヌ語の重要な意義を知らしめることが目標です。

研究テーマ

    -

トピックス

日本国内の言語多様性―消滅の危機に瀕した言語・方言―近くて遠いアイヌを知ろう

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ