市原 学 イチハラ ガク ICHIHARA Gaku 教授

薬学部 薬学科

市原研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 環境労働衛生学(衛生化学)
  • 研究分野: 神経毒性学、慢性炎症を介した環境化学物質による健康障害

環境化学物質によって引き起こされる病気を予防するために、化学物質のヒト中枢神経への影響、毒性作用の仕組み、予防のための分子標的を明らかにする研究を行っています。研究では、ヒト、実験動物、培養細胞というさまざまなレベルの系、分子生物学的、化学的手法を用います。

研究テーマ

  1. 環境化学物質による中枢神経障害、認知機能障害機序の解明

  2. 環境化学物質による胆管がん誘導機序の解明

  3. ナノトキシコロジー

トピックス

環境中親電子性物質による認知機能障害におけるオートファジー不全の役割
ナノマテリアルの安全性 Safe by Design
オフセット印刷工程で多発した胆管癌の原因解明と動物モデルの確立
環境化学物質の生殖・発達毒性
有機錫の神経毒性と生体内メチル化による活性化

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ