田中 優実 タナカ ユミ TANAKA Yumi 准教授

工学部 工業化学科

工業分析及び無機工業化学第二(田中)研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 無機化学、固体化学、電気化学
  • 研究分野: エネルギー変換、イオン伝導、機能性セラミックス

エネルギー問題に対する危機感の広がりとともに、再生可能エネルギーを起源とするクリーンな分散型電源の普及に向けた期待が高まっています。本研究室では、扱う元素とプロセッシング手法の多様性によりあらゆる物性・機能を生み出すことが可能な無機化合物(セラミックス)をベースに、「燃料電池」や「リチウムイオン二次電池」から「振動発電システム」に至る、さまざまなエネルギー変換デバイスにかかわる機能性材料の開発研究を行っています。結晶構造、微構造、高次構造といったさまざまなスケールレベルにおける構造を制御し、原子や電子、イオンの運動性を操ることで、所望の電気化学的機能を生み出してゆくことを目指します。

研究テーマ

  1. 電池用セラミック電解質/電極触媒の開発

  2. 静電式振動発電素子の開発と発電システムの構築

トピックス

燃料電池関連材料(無機電解質、電極触媒等)
振動発電システム関連材料(無機エレクトレット発電素子)
電気二重層/電気化学キャパシタ関連材料(電極)
機能性無機セラミック材料の新規合成(特殊カーボンナノ構造体)

アクセス

ページのトップへ