後藤 了 ゴトウ サトル GOTO Satoru 教授

薬学部 生命創薬科学科

後藤研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 薬品物理化学
  • 研究分野: 創薬資源情報学

有機化学では分子は亀の甲で表します。量子化学では原子核と電子雲の集合体です。けれども、幾何学的な図形なのだと思って構造式を見ていると、医薬品分子がまるで器械体操をしているかのようにダイナミックに動きまわる様子が見えてくるのです。その動きがあるからこそ、生物活性があり、そして医薬として治療効果があるのかもしれません。コンピュータやNMRやX線結晶解析でそんな研究に取り組んでいます。

研究テーマ

  1. アミロイド染色性色素の溶液における構造形成とこれに伴う疎水性の変動

  2. 局所麻酔剤とNSAIDsの混合による共融混合物形成とその溶解性改善効果

  3. 人工細胞膜リポソームを用いた薬物の生体膜透過性モデルの確立

ページのトップへ