花輪 剛久 ハナワ タケヒサ HANAWA Takehisa 教授

薬学部 薬学科

花輪研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 製剤工学、臨床製剤学、医療薬学
  • 研究分野: 臨床製剤設計学、医療デザイン学

医薬品の有効性を最大限に発揮させるためには、適切な投与形態の選択と製剤設計が重要となります。本研究室では、実際の医療現場において求められる製剤として、半固形製剤、液状製剤、貼付型製剤などを開発しています。また、それらの製剤に含有させる医薬品の溶解性や分散性向上を目的としたナノ粒子化に関する研究をしています。

研究テーマ

  1. 個別化医療の為の新規製剤の開発

  2. 医療用高分子と医薬品の相互作用に関する研究

  3. 難溶解性医薬品の溶解性向上に関する研究

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ